自分になにかあったら。団信だけでは終われない

自分になにかあったら。団信だけでは終われない

みなさま、こんにちは。DSKです。

以前、お客様から「団信に入っているから、自分が死んだとしても安心です」と言われました。

確かに、団信に入っていれば死亡後の返済はなくなります。

しかし、その後の相続や死亡しなかった場合も考えておく必要もあります。

ということで、本日のテーマは【自分になにかあったら。団信だけでは終われない】です。

ローン返済中に亡くなったらという不安

不動産投資でも住居用でもそうですが、物件価格が高額になると返済期間が長くなります。

返済期間が長くなると「もし死亡した時は、残りの返済はどうなるのか」「家族の住む場所は大丈夫なのか」という不安が出てきます。

この不安がある状態では相当余裕のある方でないと、なかなか購入には踏み切れないですよね。

したがって、その不安を取り除くために、銀行で融資を受ける際に「団体信用生命保険」と言うものに入ります。

借り主の強い味方、団体信用生命保険

団体信用生命保険(以下、団信)とは、住宅金融支援機構や民間銀行が生命保険会社に依頼して死亡時などの保証をする保険を住宅ローンにセットするものです。

団信に入るメリットとしては死亡や高度障害など、自身が働けなくなった場合などに残りのローンを返済せずに住宅を取得できるという事です。団信の保険金がローンに使われて相殺されるからです。

逆にデメリットと言うのは、生命保険ですので保険料がかかるということです。

しかし、そもそも団信は銀行としても担保代わりにつけて欲しいと思っているものでもあるので、そんなに家計を圧迫するような金額でもありませんので、そこまで心配することではないと思います。

団信でカバー出来ないものもある。それを補うものも。

借り主にとって安心な団信ですが、万能なわけではありません。

死亡時や高度障害以外では、保証がされません。

したがって、重度の病気になったとしても、高度障害にならなければ負担が大きくなってしまいます。

しかし、それでは借り主の購買意欲が下がりますし、銀行も安心して融資が出来なくなってしまいます。

ただ、近年では死亡や高度障害以外でも、ガンや他の病気に対して保証する会社が出てくるなど、団信の内容も各社競い合って進化していますので、団信を決める際には必要な保証が揃っているものにしましょう。

団信は住宅のローン組むには団信は不可欠なものになっています。

団信で返済は安心。けど相続は?

団信に入ることによって、死亡した後に家族が安心して暮らせる様になります。

しかし、団信の保証は返済に対してです。

その家は誰のものになるのか。どう管理していけば良いのか。

それを解決するのが「遺書」になります。

遺書なんてまだ早い。と感じる方もいると思いますが、土地などの資産を取得したら遺書を書いておくことをおすすめします。

なぜかというと、遺産はいくらの価値があるかは金銭価値になりますが、相続されるのは現物です。上手く分配できないことや、管理が出来ないなども出てきます。

そういった家族の負担を減らすためにも、資産を取得したら遺書を書いておくこともおすすめします。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.