お金が貯まったらはもったいない

お金が貯まったらはもったいない

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人と話をしていると「今はお金が無いから貯めてから投資する」と言っていました。

投資の為に貯めるなら、投資をしながらの方が効率的ではないか。と提案しました。

すると友人も納得したようで、毎月定額を投資に回すことになりました。

ということで、本日のテーマは【お金が貯まったらはもったいない】です。

お金を貯めている期間で差がつく

投資の話になると「お金が貯まったら始めます」という人がいますが、私はとてももったいないと思います。

不動産投資に限らず、投資は出来るだけ早くから行ったほうが良いです。

なぜかというと、お金を貯めている期間も、すでに投資をしている人間との差が開いてしまうからです。

例えば、月に3万を貯蓄したとします。20年経ったときには720万貯まっています。

ですが、同じ月に3万を年率5%で20年運用すれば1200万程になります。

同じ3万ずつ手元から離れるのに、残る金額はかなり変わってきます。

お金が少ない時に投資が不安な人

お金が貯まったらと言う人の多くは「投資自体に興味がない」か「お金が減る不安が嫌な人」だと思います。

しかし今の時代、資産運用や投資をせずに老後まで安定するのは難しくなっています。

遅かれ早かれ、みな投資をしなければならなくなってきています。

もちろん、仕事で特別に優秀で老後の資金に困らない人や、大きな資産のある方は別となりますが、多くの方にとって投資は当たり前の時代になってきています。

それならば、早くから始めた方が断然得になりますし、早く始めれば仮に失敗しても立て直す時間もあり、始めた当初なら被害も少なくて済みます。

お金を貯めてからのリスク

もちろん、それでもお金を貯めてから始めたいという人もいるかと思います。

それぞれのやり方があるので良いのですが、リスクも把握しておく必要があります。

貯蓄してから始める場合のリスクとしては、インフレに弱いということ。

他には、貯めた金額を一度に投資すると失敗した時の損失が大きいことです。

インフレは物の価値が上がり、お金の価値が下がります。

せっかく100万円貯めたとしても80万の価値でしかなくなることもあります。つまり実質損したことになってしまいます。

また、分散して100万円を投資するのと、100万円を一度に投資するのでは失敗のリスクや恐怖心も大きくなります。

さらに、少額でも10年続けている人と、10年経って初めてやる人では経験値が違うので、そこからの運用スキルも変わってきます。

自分の将来と目標に合わせて始める。

貯めてから投資することを脅すような内容になりましたが、それぞれ始めるタイミングもありますし、準備もあります。

自分で納得した上で始める方が、失敗しても後悔は少ないでしょう。

しかし、これからの時代は投資や資産運用が必須となってくるので、自分の将来像や目標と照らし合わせ、後悔をしないように資産形成していきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.