不動産投資は大失敗しづらい

不動産投資は大失敗しづらい

みなさま、こんにちは。DSKです。

よくお客様から言われることの1つに「不動産は失敗したら破滅しそうで怖い」というものがあります。

確かに金額だけ見ると不安は大きいかと思います。

しかし、金額の割に不動産投資は大失敗しづらいものです。

なぜなのでしょうか。

ということで、本日のテーマは【不動産投資は大失敗しづらい】です。

いくら高額でも、確実に残債は減っていく

不動産投資は、通常ローンを組んで購入します。これはよっぽどの大富豪でない限りは変わりません。

そして、年月とともに残債が減っていきます。毎月家賃収入を得ながら残債を払っていくので、収入を得ながら負担を減らしていくことが出来ます。

残債はいずれ0になりますが、物件価値は0になりづらく、また残債がなくなれば家賃収入がそのまま入ってきます。(あくまでまともな物件の場合)

また、不動産投資は不動産経営と呼ばれるにも関わらず、専門家に業務をお願いすることが出来ます。

様々な業務を任せられる。

一般的な経営であれば、店の商品開発や仕入れ、集客、アフターフォローやお客様対応など多くの業務を行う必要があります。

しかし、不動産投資ではそれぞれの専門家に任せることが出来ます。

優良な物件の仕入れは不動産会社、お客様の集客(入居者)も不動産仲介業者、お客様対応は管理会社が、それぞれ務めてくれます。

もちろん全てを任せて丸投げしているだけでは問題が起こることがありますが、1人でなく多くの専門家とともに経営を行うことが出来ます。

弊社のお客様でも、「何か問題や面倒はありましたか」という質問に対して、しばらく考える方もいたほど、少ない労力で行うことが出来ます。

地震や火事、死亡にも備えあり

不動産投資で心配される事の中に、物件消失や本人の死亡などもありますが、それらもそれぞれ保険がつきます。

火事や損害があれば火災保険や地震保険が適用されますし、そもそも新耐震基準に適合していれば、地震で倒壊するリスクも限りなく少ないので、消失することは少ないです。

また本人の死亡には団体信用保険があるので、死亡時や重度障害など働けなくなった際の返済も気にする必要がなく、その上で家賃収入はそのまま入ってきます。

このように何かあった時の備えも十分にあるので、心配事も少なくて済みます。

不動産投資は意外と安全な投資

このように、不動産投資はリスクもありますが、それに対応する方法も確立されているので、比較的安全でミドルリスク・ミドルリターンと言われています。

リスク管理の出来る投資なので、不動産投資では大きな失敗はしづらいです。

問題点といえば、投資が出来る人と出来ない人がいるので、投資が出来る人は一度相談などしてみてはいかがでしょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.