個人事業でも融資で買えるか

個人事業でも融資で買えるか

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、不動産の購入をご希望のお客様がいたのですが、残念ながら融資が下りず購入できませんでした。

この方はフリーランスで働いている方なのですが、やはり個人事業主に銀行は厳しいですね。一体なぜなのか。

ということで、本日のテーマは【個人事業でも融資で買えるか】です。

不動産は融資を受けるのが基本

不動産投資を行う際には、基本的に銀行から融資を受けて物件を購入します。

別に融資を受けないで購入しなくても問題ないのですが、融資を受けずに購入するのは大富豪でもない限り、多くの時間と労力がかかるので余りオススメできません。

しかし、融資が下りない人は最初だけ自己資金で購入するのは別になります。

実績を積み重ね、次への融資を下りやすくするための行動なので。

そういう点では、サラリーマンや公務員などの安定した収入のある人は、融資が下りやすいため不動産投資の上で有利になります。

では、自営業者や個人事業主と呼ばれる人達はどうでしょうか。

事業主になりたては信用が無い

すでに事業主になっている方はお分かりだと思いますが、事業主と言うのはとても信用度の低い労働形態になります。

理由は簡単で、「安定的な定期収入」ではないからです。

事業主の方は収入は売り上げ次第、毎月変わることが珍しくありません。

事業主になりたての人は「仕事が無くなったらどうしよう」不安になる人もいると思います。

ですが、それと同じくらい銀行も「返せなくなったらどうしよう」と考えているのです。

そう考えると、銀行としても安心して貸し出すことが出来ないのは当然です。

これは不動産投資に限らず、クレジットカードや住宅の賃貸などの審査でも同じですね。

では、独立してしまうと不動産投資は出来ないのか。

事業主は自己資金で不動産を買うしか無いのか?

事業主の方は信用が低いので、自己資金を貯めて購入しないといけないのでしょうか。

実は、事業主でも融資は引くことが出来ます。

ただ、その為には気を付けないといけないことがあります。

まずは「複数年の安定収入」が必要です。

もちろん「安定」といっても、毎月同じ金額という事はないと思います。

これは年間を通してでもいいので、同じような水準の収入があるということです。

期間は長いほうが良いですが、少なくとも2年間は同じ水準でなけば安定性が証明できません。

ほかには「節税のやり過ぎ」があります。

事業主には色々な経費計上が認められているので、節税を行っている人は多いでしょう。

しかし、それによって申請年収が少なすぎると、当然ながら融資は下りません。

銀行は所得や課税額、納付額などを見ているので、いくら本来の収入が高くても、書類の数字が融資の判断基準です。

この様に条件はありますが、事業主でも融資を使って不動産投資を行うことは出来ます。

不動産投資を考えている人は、このあたりを気を付けながら進めてみて下さい。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.