地道な人ほど不動産投資は向いている?そのワケとは

地道な人ほど不動産投資には向いている?そのワケとは

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、久しぶりに知人と食事に行った時のことです。

たまたま仕事の話をしていた時に言われた一言が気になりました。

「俺はそういう投資とか苦手だから地道に働いてくよ」という言葉です。

彼の様に苦手だから出来ないと思っている方は結構います。私はいつも、それを聞く度に凄くもったいないと感じます。

実は、地道な人ほど不動産投資は向いているのです。その理由を説明します。

ということで、本日のテーマは「地道な人ほど不動産投資には向いている?そのワケとは」です。

不動産はギャンブルではない

不動産投資は、その金額の大きさから、ギャンブルやハイリスクなものと認識されることが少なくありません。

確かに、「金持ち父さん、貧乏父さん」が流行ってからは不動産で一攫千金を狙ってやろうという人が多く、多くの成功者と失敗者を出しました。

その時に多かったのは、売買差益で収入を得る「キャピタルゲイン」でした。

不動産投資には売却益のキャピタルゲインと家賃収入のインカムゲインがあります。

しかし、現在の日本でやるならばキャピタルゲインは、一部の投資家を覗いては利益を得られないでしょう。

ではインカムゲインならばどうでしょう。

日本のインカムゲインの不動産投資

日本で不動産投資を行うなら、インカムゲインのおすすめしています。

なぜならインカムゲインの場合は、物件価格が変動してもそれに比例して家賃が急激に変わることはありません。物件価格が半値になっても家賃が急に半値にはなりませんよね。

インカムゲインによる不動産は金利や土地価格の変化などが緩やかなので、環境変化を見据えながらじっくりと計画を立てていける資産運用方法です。

一般的にミドルリスク・ミドルリターンと言われています。

「不動産の暴落で多額の借金が。」などはバブル終焉の時だけです。

長期的に地道にやる人間が強い

インカムゲインの特徴を知れば、不動産投資がしっかりと計画・準備をして、コツコツと長期に渡り資産形成していくものだというのが分かります。

「一発当てよう」や「人生かけて」という類じゃありません。

また、不動産経営と言われることもあるように、リスクに対してある程度管理・コントロールが効くので、大きな痛手を負わずに出来るものでもあります。

「自分は地道にやっていくから…」

そう思う人ほど、本当は不動産投資に向いていたりします。

コツコツと資産形成していかなければなりませんから。

逆にハイリスクでも一発当てたいという人は、キャピタルゲインや他の投資をすることを始めたほうがいいでしょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.