マイホームで「あわよくば」は難しい

マイホームで「あわよくば」は難しい

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人から「マイホームを買おうと思うけど、後々はそれを使って賃貸経営もしようと思っている」と言われました。

昨今の不動産投資ブームで、こう考えている人は少なくないのですが、その場合マイホームへの希望は捨てたほうが良いでしょう。

投資用の物件と自己居住用では全然違います。二兎を追う者は一兎をも得られません。

ということで、本日のテーマは【マイホームで「あわよくば」は難しい】です。

マイホームで賃貸経営は危険

昨今の不動産投資ブームで「子供が独立したらマイホームで賃貸経営しよう」と考える人が増えてきました。

ですが、その考えは危険なので一度冷静に考えたほうが良いでしょう。

マイホームを賃貸経営にして入居者が入らなければ、家賃収入どころか、自身の居住の家賃分多く払うことになります。

ましてやローンが残っていれば、その分も払うことになります。

また、マイホームは年数が経っている場合が多いでしょうから、修繕やリノベーションなどで余計な出費がかかる可能性もあります。

マイホームを貸し出して、賃貸収入で生活するつもりが、新たに数百万のローンを増やすだけになることもあります。

マイホームと投資用物件は全然違う

そもそも、マイホームと投資用の物件は選ぶ基準が全然違います。

マイホームであれば、外見や内装、住みたい地域など自分が住みたい自分だけの家を探して購入します。

投資用の物件は、需要の多い立地なのか、修繕や管理のし易さや経費、値下がりの予想など、その物件でどれくらい収益が出せるかを計算して購入するか検討します。そこに個人の趣味や嗜好は関係ありません。

マイホームを買う時に、そこまで収益が出ることを考えて購入する人はほとんどいません。

素人が好みで選んだ物件と、投資家が収益のために選んだ物件、どちらが競争率が高いかは明らかでしょう。

「あわよくば」を狙うなら最初から投資物件を

賃貸経営をすることを視野に入れているのならば、収益物件をマイホームとして利用する必要があります。

そうすると、自分の好みとは関係のない物件に住むことになりますし、自身が住んでいる間は収益が発生しません。

それならば最初から投資用の収益物件を購入し、その収入を好きな自身の居住分に回した方が、収益的にも自己の満足感も高いと思います。

せっかくローンが組める信頼があるならば、ローンをより有意義な方法で使っていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.