金投資と不動産投資

金投資と不動産投資

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人から「同じ現物資産なら、不動産と金どちらの方が良いですか?」と聞かれました。

それぞれ特徴が違いますし、目的も違うのでどちらが良いとは言えないですが、あくまで金は「守り」の商品なので、収益という点ではあまり期待はできないでしょう。

同じ現物でも、不動産と金は別物です。

ということで、本日のテーマは【金投資と不動産投資】です。

世界的に信用のある金

金は貴金属の中でも最も歴史が古く、また貴金属以外にも様々なところに使われています。

世界的にも信用が強く、もともと貨幣というのは「金と交換できますよ」という事で信用して利用できるものになっています。

つまり、金は貨幣よりも信用があるものなのです。

また、投資としても金の取引はされています。

タンス預金をするなら金に替えるという人も多くいます。

金のメリット・デメリット

金も投資で取引している様に、投資商品です。

そして、投資という観点で考えるとメリット・デメリットは出てきます。

では、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリットとしては、世界的な信用があるので、価値の急落が起こりづらく世界中で現金との交換ができます。

世界的な経済が悪化すると価値が上がりますし、限りある資源で将来的にも需要は高まるでしょう。

また価格は時価になるのでインフレにも強い商品と言えるでしょう。

では、デメリットとしては何があるのでしょうか。

金の価格は1gいくらといったものになりますが、世界情勢や経済などにより値下がりする可能性もあります。

他にも、日本は輸入国のため為替によって価格にも影響してきます。

また、株や信託などと違って、株や債券などと違って利息や配当などは発生しません。

不動産とは目的が違う

不動産投資は、金と違い収益を得ることを目的としています。

金は、収益性が期待するものではないので、金をもっていても収入が増える事はあまりありません。

共にインフラに強かったり、長期的な運用といったところは同じです

ただ、不動産は収入を手にしつつ将来の資産を築いていくもので、ミドルリスク・ミドルリターンです。

金は安定性が高く、自身の資産を長期的に守りたいという人向けで、ローリスクローリターンです。

どちらが良いとか上と言うことではなく、それぞれの特徴をしって上手く活用していくと良いでしょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.