融資が厳しいというチャンス

融資が厳しいというチャンス

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人から「もう融資が下りなくなるから、不動産投資はダメでしょ?」と言われました。

確かに、融資は厳しくなりましたし、これからも厳しくはなると思います。

しかし、厳しい時だからこそのメリットもあるので、ダメではないと思います。

ということで、本日のテーマは【融資が厳しいというチャンス】です。

融資が厳しくなっても終わりじゃない

現在、銀行は融資の締め付けを始めていて、徐々に審査が厳しくなってきています。

事件も合ったので、アパートローンで有名な某S銀行の融資は相当難しくなっていますね。

実際に今まで審査が通っていた層でも、審査が通らない銀行が増えてきました。

今の不動産投資ブームの要因に融資の簡易さがあったため、締め付けが始まって不動産投資はもうダメだ。という意見も出ています。

しかし、融資の締め付けで審査が厳しくなったとしても、それならそれで有利になる人もいるので一概に終わりとは言えません。

融資が厳しくなってチャンスなわけ

融資が厳しくなって、何がチャンスなのでしょうか。

まず、融資が厳しくなるという事は、物件を買えない人が増えるということなので、投資家同士の競争率が下がります。

競争率が下がるということは、優良物件を手に入れられる可能性が増えるということなので、厳しい時に融資を受けられる人にはチャンスとなります。

また、買える人が少なくなれば、需要と供給から物件価格は下がりやすくなります。

今までと同じような物件が、割安で購入できる可能性が高くなります。

次に、融資審査に時間がかかる所を使いやすくなることです。

融資が受けづらい時期なら、売り主や業者も待ってくれやすくなります。

その分、融資条件の良い所を選んだり、交渉の時間が取れるので、有利な条件でローンを組める可能性が上がります。

融資が厳しくなることに準備をしておく

この様に、融資が厳しくなってもそれに対してのメリットもあるので、不動産投資は有効でしょう。

しかし、これらはあくまで融資を受けられる人の特権になってきます。

そのため、自己資金がなかったり融資が難しそうだと感じる人であれば、今から自己資金を作っておくか、融資が緩いうちに物件を購入して担保をもっておくなり、厳しい時期に有利に投資が出来るように準備をしておくことをおすすめ致します。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.