投資の丸投げはギャンブルと一緒

投資の丸投げはギャンブルと一緒

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、金融関係で働いている知人が「投資の丸投げが多い」と言っていました。

知人は「もし悪徳業者なら、資産奪われるよ」と苦笑いしていました。

悪徳ならまだ法律が守ってくれますが、ただ自分が理解していなかったでは、泣きを見ることになるので気を付けましょう。

ということで、本日のテーマは【投資の丸投げはギャンブルと一緒】です。

投資は自己責任

最近は投資を行う人も増えてきましたし、NISAなど世間的に認知度の上がってきました。

しかし、投資をやろうと思う人が増えるのとは反して、投資の勉強をする人はあまり増えてない様に感じます。

不動産投資でも、株やFXなどでもそうですが、投資は自己責任です。

損をした時に資産を減らすのは当事者である自分です。

そんな自己責任である投資を完全に丸投げにする人もいます。

ですが、業者は謝ってはくれるかも知れませんが、損失の補填はしません。

丸投げは投機的商品を買っているようなもの

丸投げをする人の理由に「難しいから」という人がいます。

日本人は投資に馴染みのない人が多いですし、用語も日常で使わないものが多く、難しく感じるのは分かります。

しかし、自身の大事なお金です。

何に投資しているのか、どんな投資なのか。リスクやリターンはどんなものなのか。

最低限のことは理解しておき、色んな想定をしておく必要があるでしょう。

これらを理解しないで、なんとなく業者に任せているというのは、投機的に投資しているのと変わりません。

自身でも勉強しつつ、会社や担当に聞く

投資は丸投げにせず自身の勉強も大事になりますが、それでもやはり難しいから苦手という人もいると思います。

そういう場合は、納得できるまで会社や担当に話を聞きましょう。

ちゃんとした業者であれば、理解できるまで説明してくれるはずです。

完璧とまでは言わずとも、業者と相談したり報告を受けた時に、話を理解して選択が出来る様にはなっておいた方が良いでしょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.