投資は負債を無くしてから始めよう

投資は負債を無くしてから始めよう

みなさま、こんにちは。DSKです。

私の知人で、「投資をしたいけどお金が貯まらなくて出来ない」という人がいます。

彼は別に贅沢をするタイプでもないので貯まらない訳はないと思ったのですが、彼の話を聞いてみると貯まらないのも仕方ないかな。と思ってしまいました。

その理由は毎月の支払いです。彼は昔の借金で毎月数万の返済があったのです。

それではなかなか投資には進めません。

ということで、本日のテーマは【投資は負債を無くしてから始めよう】です。

投資は余剰金で行う

私は仕事がら友人から「お金を増やしたい」や「投資をしたい」と言われることがあるのですが、投資の前に家計の改善をすることが多くあります。

というのも、貯蓄や投資をしたいのに余剰金が少ない場合が多いからです。

投資は博打ではないので、少しずつ増やしていったり長期的に増やしていく必要があります。

ですが、その投資に回すお金が無いという人が多くいます。

そういった人は、まず余剰金を作ることを考えましょう。

負債がある状態からの貯蓄・投資は大変

余剰金を作るためには、「収入を上げる」・「節約をする」・「負債を減らす」などがあります。

その中でもおすすめするのは、負債を減らすという事です。

住宅ローンなどの長期の返済は難しいですが、車のローンやクレジットの分割払い、短期の返済などは早く無くしてしまいましょう。

負債は1つ1つは小さくとも、まとまると固定費が大きくなり家計の流動性を失ってしまいます。

「返せる余裕がないからローンなんだ」と思う人もいると思いますが、一時的に節約をすれば全額とは言わなくても、大きく返済額を減らせるものはあると思います。

むしろ、それも出来ないくらいギリギリなのに購入したのなら、収入以上の生活水準をしていないかなど、別の問題を考える必要が出てきます。

投資や貯蓄をするためには、出来るだけ固定費は少なくしていった方が経済的にも精神的にも余裕ができます。

強制的に一定額を抜く

逆に、投資や貯蓄する分は強制的に固定で振り分けてしまいましょう。

生活費は負債をなくし固定を減らし、投資や貯蓄は強制的に固定で増やしていく。

これが一番簡単で確実な、貯蓄や投資の方法です。

最初は手取りが少なく感じて辛いかもしれませんが、人は環境に慣れていきます。

そのうち、それが当たり前になります。

どんなに少ない金額でもいいので、まずは一歩行動してみましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.