優良情報は積極的に取りに行く

優良情報は積極的に取りに行く

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日お会いしたお客様から「不動産屋は優良物件はネットに出さないんでしょ?」と言われました。

これは半分合っていて半分誤解されているかと思います。

確かに、ネットに良い物件が少ないのは本当ですが、あえて載せないのではありません。

優良物件は情報が入ると即契約を申し込まれます。先日、弊社でも数日で決まった物件がありました。

良い情報はすぐに売れてしまいますので、なかなか表に出にくいのです。

ということで、本日のテーマは【優良情報は積極的に取りに行く】です。

優良物件はネットには載っていない

不動産投資を考えている人の中で、ネットで情報を集めている人も多いでしょう。

ですが、本当に良い物件を購入したいのであればネットではなく、店舗へ足を運んだほうが良いでしょう。

というのも、優良な物件というのはネットに乗っていることは稀だからです。

投資用の不動産物件は同じものが2つとありません。

なので、すべて一点ものとなります。

そうなると、その物件が優良ならば競争が高く、あっという間に契約が決まってしまいます。

ネットに載せるための文章を考えていたら売れた。なんてこともあります。

優良情報を得るために

では、優良物件を手に入れるためにはどうすればいいか。

簡単にいうと「業者と仲良くなる」です。

仲良くなると言っても、友だちになるわけでも飲みに誘ったりするわけではありません。

一番簡単な方法は物件を購入することです。

この人は「物件を買う気があって、うちで買う気があって、買える人だ」ということが1発で分かります。

これは極端な例ですが、ようは「良い物件があれば買う」という意思を伝えることが出来れば良いのです。

何度も足を運んだり希望を伝えたり、その店舗の人に「買う意思のある人」と認識してもらいましょう。

購入できる準備を作っておく

ただ、いくら認識してもらっても購入までに時間がかかっていると、「口だけで実際は買わない人」になってしまい、次回から情報の鮮度が下がってしまう可能性もあります。

物件情報は予兆がなく突然入ってきます。それが少しの期間で購入できるできないが別れます。

そしてそれはネット上にあるのではなく、対面でしか教えてもらえません。

その情報を得るためにも、いい情報が入ったらいつでも購入ができる状態にしておくことが大切になるでしょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.