フリーターでも不動産投資は出来るのか

フリーターでも不動産投資は出来るのか

みなさま、こんにちは。株式会社DSKです。

先日、お客様から「フリーターでも不動産投資は出来ますか?」と聞かれました。

会社員と違い、社会的な信用の低いフリーターには不動産投資は難しいものです。

では、フリーターは不動産投資は諦めた方がいいのでしょうか。

ということで、本日のテーマは【フリーターでも不動産投資は出来るのか】です。

フリーターでも不動産投資は出来るのか

結論から言うと、大変ではありますが不可能ではありません。

フリーターは会社員に比べ収入が低かったり定期収入でないことが多く、銀行側の信用が低く融資を受けるのは厳しくなります。

もちろんフリーターでも高収入だったり、保証人が信用の高い人であれば別となりますが。

したがって、実際のところ最初の1件に関しては貯蓄をして購入することになります。

フリーターで物件が買えるまで数百万を貯め続けるのは、とても大変なことだと思います。

ですが、最初の1件を買うことが出来れば、2件目以降の物件はハードルが下がっていきます。

実績を作って融資を受ける

1件目でしっかりとキャッシュフローが出る形で維持できていれば、次はその物件が担保になりますし、収入も増えているはずなので、融資が下りやすくなります。

最初は大きな金額は下りないかもしれません。

ですが、少しずつでもキャッシュフローを大きくして実績を出していきます。

実績が出てくれば大きな金額の融資も受けれるようになるので、そこからはスピードが上がっていくと思います。

したがって努力や忍耐は必要となりますが、フリーターであっても不動産投資でリタイアすることも不可能ではありません。

一度就職してしまうのも1つの方法

ですが、やはり自己資金を貯める期間や融資の金額を考えると、会社員で安定した収入がある人の方が時間的には有利になります。

フリーターで頑張って貯めるのも良いですが、融資の為に正社員として就職してしまうのも1つの方法です。

会社員の方がどうしても融資は受けやすくなるので、十分な権利収入があるにも関わらず会社員を辞めない方もいるくらいです。

フリーターで数年貯蓄を頑張れる忍耐があるならば、会社員を数年我慢することは難しくないと思います。

どうしてもフリーターが良いならば、先に資産を形成してしまった後にフリーターに戻った方が効率が良く、リタイア期間長くとれるでしょう。

それぞれのやり方はありますが「この状態だから無理」と決めず、まずは相談してみるのが良いでしょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.