インフレも考慮して投資を行う

インフレも考慮して投資を行う

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、お客様と雑談をしていた時に聞いたのですが、

「この120年で物価は3000倍になったらしいよ」と言っていました。凄いですね。

流石に今の時代に、そんなにあがることはないのですが、インフレしていくとなると今の銀行預金の金利じゃ実質減っていく一方だな。と改めて考えさせられました。

ということで、本日のテーマは「インフレも考慮して投資を行う」です。

銀行預金にもリスクは有る

資産形成をしていく中で、銀行に預金をしているという方もいると思います。

銀行預金は安全というイメージが強いですが、実際はリスクがある事もご存知でしょうか。

その理由の一つが「インフレ」です。

では、そのインフレとはなんでしょうか。

預金を脅かすインフレとは

インフレとは、簡単にいうと物やサービスの価値が上がること。

例として、今まで100円だったジュースが120円に上がったという様な場合です。

ただここで考えて頂きたいのが、逆に言うと「貨幣価値が下がった」ということになります。

なので、仮に100万円の貯金をしていたとします。

ですが、その時には100万円の価値があるかは分かりません。

逆にデフレが起きれば物価は下がり貨幣価値が上がるので、同じ100万円であっても

120万の価値になるかもしれません。

ならばデフレの方がいいのか?

デフレとなれば物価が下がり、それにより会社の利益も減ります。

そして会社は給料を下げたり従業員を減らして利益を得ようとするので、同じ給料で(更にはより安く)より重労働になったり派遣など非正規雇用が増えたりする可能性もあります。

日本はインフレしていく。

正常な国家ではインフレしていくのが基本です。

最近ではデフレ脱却のために金融緩和し、強制的にインフレの方向に向かわせています。

これから毎年インフレになっていった際、銀行貯蓄は価値が下がっていきます。

日本も、高度経済成長なども有りこの50年で物価は8倍ほどになっています。

そこまではいかなくとも、仮に50年後に3倍になったら。貯蓄で追いつくでしょうか

投資はリスクがありますが、銀行貯蓄も100%安全ではありません。

そのため、インフレも考慮しての資産運用をしていかなければなりません。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.