不動産投資は少労だが不労ではない

不動産投資は少労だが不労ではない

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、ある会社から営業の電話がきました。

「不動産投資は物件購入したら何もしなくても収入が入ってきます」と。

細かいのですが、不動産投資は少労働所得です。

物件を買ったら、あとは業者に丸投げしていれば良い。と言うものではありません。

もちろん、忙しい会社員でもやれる範囲の労働なので、かなり労働は少なくて済みますが、あまり楽なことを求めると損をしてしまうかも知れません。

ということで、本日のテーマは【不動産投資は少労だが不労ではない】です。

不動産投資は買ったら終わりではない

不動産投資は、物件を購入すれば後は何もしなくても不労所得が入ってくる。

こういったイメージを持っている人もいると思いますが、そういうわけでもありません。

不動産経営では入居者の募集、日々の管理業務、物件の維持や修繕、収支や税金の計算、管理組合の議会への出席、など本来はこの様にやるべき仕事が意外と沢山あります。

ただ、これを全て1人で行うのはハードルが高くなってしまいます。

したがって、通常は業者に委託することによって労働を減らすことが出来ます。

その際には管理会社選びはしっかりと行わなければなりません。

不動産経営は管理会社で買う

不動産経営を行う上で、やるべきことは意外とありました。

それらを業者に委託する事で自身の業務を減らす事が出来ます。

ですが、その業者の良し悪しによっては、クレームの増加や空室率の上昇、物件価値の減少などが起こる場合があります。

その為、管理会社はしっかりと信頼できる所を選ぶ必要があります。

それが「不動産経営は管理で買え」と言われる所以でもあります。

買ったから適当で良いや。となってしまうと思わぬ痛手になるかもしれません。

信頼できる管理と最低限の行動が必要

不動産経営を上手く行なうためには、信頼できる管理会社とコミュニケーションを取り、やるべき事は自分も働く必要があります。

不動産投資は会社員でも少労働で所得を得られるものですが、決して何もせず左うちわ的な不労所得ではありません。

しかし、その必要とされる少労働をしっかりすれば、安定的な収入を継続できる確率がぐっと上がります。

せっかく物件を購入したのに、「大丈夫と放っておいたら取り返しの付かないことになっていた」とならないように、最低限やるべき作業を行い、安定的な収入を作っていきましょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産投資は転職前に相談を

不動産投資は転職前に相談を

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、「最近、給料が高い会社に転職したので、この機会に一緒に不動産投資もやろうと思います。」という方がいらっしゃいました。

ですが、転職したばかりだったので、融資が下りずに諦めることになりました。転職を考えている方は、お気をつけください。

ということで、本日のテーマは【不動産投資は転職前に相談を】です。

転職することは良いことだけれど

やりたい仕事を始められた。

辛い労働環境から抜け出せた。

給料が上がった。

転職の理由は色々ありますが、多くの場合はより良い環境を求めて転職します。

待遇自体は悪くなったとしても、心機一転やりがいある仕事につけたりと、転職をすることで得られるものは沢山あります。転職は人生において、素晴らしいことだと私は思います。

ただ、不動産投資を行うにあたっては、転職というのはとても大きい問題です。

不動産投資は転職すると不利?

なぜ転職をすると不動産投資に至っては不利になるのでしょうか。

それはせっかく築いた個人の属性を失う事になるからです。

不動産投資を行う時、基本的には銀行からの融資が必要になります。

融資の審査の際に銀行が見るものには大きく2つあります。

「個人の属性」と「物件の属性」です。

そして、日本では「個人の属性」が高い割合を占めている場合が多いのです。

個人の属性とは「どんな会社で何年働いて収入がいくらなのか」が重要になります。

そして「高収入で自営業」より「低収入でも大企業」の方が強い事が多いのです。

融資の審査では、本人がどんなに素晴らしい人であっても、「書類上の情報」で審査します。

なので、転職して収入が上がったとしても、融資が下りづらくなる場合があるのです。

属性という武器があるうちに始める

せっかく転職して余裕ができたから投資をしようと思っても、融資が下りなければ行なえません。

したがって、不動産投資を考えている方は転職前に一度相談をすることをおすすめします。(すべての転職が不利になるわけではないので、その確認として相談してみてください)

不動産投資はやるかやらないかの判断も必要ですが、「やれるやれない」の審査を通って始めて自分の判断が求められるので、やれる時を逃さずに始めることが大切になってきます。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産投資はサラリーマン有利!?そのワケとは

不動産投資はサラリーマン有利!?そのワケとは

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日の勉強会で出た質問です。

「私は普通の会社員なんですが、それでも出来るんですか?」

もちろんです。むしろ会社員ほうが不動産投資においては有利です。なぜでしょうか。

ということで、本日のテーマは【不動産投資はサラリーマン有利!?そのワケとは】です。

不動産投資はお金持ちがやること?

不動産投資と聞くと、富裕層の税金対策や、バリバリの投資家が行うものというイメージのある方もいらっしゃると思います。

ですが、実際にはサラリーマンなどの正社員の方が優位性のあるものになります。

理由は大きく2つあります。

  1. 長期的かつ変動の緩やかな投資である。
  2. 銀行などの融資審査に強い。

長期的かつ変動の緩やかな値動き

不動産投資は完全に不労の収入ではありません。ですが一度取得してしまえば、比較的手間や時間をかけずに続けていけます。いわゆる少労働収入です。

不動産投資をする際、日本では家賃収入が主となりますが、家賃収は一度契約者が決まれば、基本的に数年間は収入が見込めます。ファミリータイプなどではより長い期間の入居が期待できます。

また、不動産は株やFXなどに比べ物件の急騰や暴落が少なく変動も緩やかであるため、頻繁に確認する必要がなくサラリーマンの方でも本業に支障きたすこともありません。

さらに、安定的な収入があることによって、余裕を持って長期的に考えていけます。

もちろん少労働ではあるので、全く手間がかからないわけではありませんが、他の投資に比べて費やされる手間や精神的な不安などは余裕のあるものになっています。

銀行などの融資審査に強い。

物件の購入の際に大半が利用する銀行からの融資。

日本では融資の審査の際、大きく分けて以下の二つがあります。

・どんな物件に貸すか(物件評価)

物件の価値やどれくらいの収益を生み出せるのかなど、その物件が融資額に値する物件なのかを審査されます。

・誰に貸すか(個人属性評価)

どんな企業に務めていて、どんな業種なのか。勤続年数や収入はどれくらいなのか。

他に持っている資産や負債はあるのか。など個人の返済能力を審査されます。

現在の日本では、個人属性評価の方が重視されることが多く、また勤務先の大きさも重要視される傾向にあります。上場企業や公務員などは収入が低くても審査が通りやすくなっています。

したがって、正社員で定期収入があるサラリーマンは融資が下りやすいと言えます。

場合にもよりますが、年収はそこまででもない会社員が、大手で長期間勤務しているという事で、年収の高い自営業者などより融資が下りる場合が多々あります。

以上のことから、不動産投資はサラリーマン有利だということが分かります。

独立増でも、まだまだ正社員は強みがある

自営業として高収入を得、事業や投資をおこなっている方ももちろん素晴らしいと思いますが、真面目に会社に勤め続けているという事も、素晴らしいことです。

会社に属し、堅実に仕事を続けているということは武器になります。

その武器を活かして、じっくりと資産形成してみてはいかがでしょうか

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.