初心者が低リスクで投資を始めるにはどうするか

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人から「投資をしてみたいけど、怖いから低リスクで始めたい」という相談を受けました。

初心者でいきなり投資をするのは怖いものですよね。

低リスクにするのであれば“分散”を“長期”でした方が良いと説明しました。

という事で、本日のテーマは【初心者が低リスクで投資を始めるにはどうするか】です。

一転集中より分散させる

投資を始める時には、様々な情報を探して「これだ」と納得できるものに投資をしたいですよね。

情報収集する事はとても大切なのですが、初心者が失敗することの1つに一転集中してしまうという事があります。

いろいろと情報を探した結果「これは良い投資だ」となった際に、資金をそれだけに集中したが、上手くいかずに大きな損失を出してしまい嫌になってしまったという話を聞きます。

どんなに良い投資方法や商品でも絶対はありません。

リスクを下げるならば、いくつかの方法や銘柄など資産を分散させておくことで、1つが失敗しても大きな損失にはなりません。

分散させることにより、一転集中にくらべて収益率は下がる事が多いでしょう。

しかし、そもそも投資初心者がいきなり大きい利益を得られることの方が少ないので、投資初心者にはおすすめです。

短期で稼ごうとしない

投資初心者の中には、成功者の話などを効きすぎて「投資=すぐ稼げる」という誤解が生まれていたりします。

もちろん、投資のセンスがあれば短期間で大きな利益を出せることもあるでしょうし、流行りに乗れればスキルもなく勝つことも出来るかも知れません。

しかし、短期投資はハイリスクハイリターンです。

短期投資で長期間勝ち続けられる人というのは稀です。

逆に長期投資は数年から数十年というスパンで考えるので、軌道修正や出口変更など余裕をもって計画を立てられます。

また積立であれば時間的な分散が出来るので、一時的に相場が変わっても平準化されるので、大きな利益にはなりにくいですが、大きな損失も出にくくなります。

低リスクで資産を増やしていきたいと考えるのであれば、短期的な相場に左右されない長期投資の方が、不安やストレスも少ないので初心者こそ長期の方が向いています。

年齢や資金などを考慮してリスクを決める

初心者が低リスクで投資を行う際には「分散」と「長期」の2点が大切になります。

ただ、低リスクの定義は難しい物でもあります。

例えば、20代で収入に余裕があり、独身で自分の生活費だけ確保できれば良い人ならば、多少リスクが高くても許容範囲であるかも知れません。

逆に50代で家庭があり、住宅ローンや子供の大学費用が必要な人ならば低いリスクでも不安は大きくなるでしょう。

同じ位のリスクでも収入や環境、性格など様々な要因によって許容量は変わってきます。

若くても非正規雇用であれば不安は大きいかも知れませんし、50代でも資金が潤沢にあれば強気でいけるかも知れません。

最終的に各々のリスク許容量と釣り合うかどうかが大切です。

最近ではリスク許容量をチェック出来るサイトなどもあるので、そういったツールを利用するのも良いでしょう。

まずは自分の許容度を知って、その中で最大限効果的な投資を行っていきましょう。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村



証券会社に丸投げしたら資産が減る

証券会社に丸投げしたら資産が減る

みなさま、こんにちは。DSKです。

近年、国をあげて資産運用を勧めていますね。

様々な制度が出来て、以前よりも投資のハードルは大分下がったのではないでしょうか。

ですが、投資の勉強が嫌いだからといって、証券会社に任せっきりになるとせっかくの資産が減ってしまいます。

金融の専門家に任せて、なぜ資産が減るのでしょうか。

ということで、本日のテーマは【証券会社に丸投げしたら資産が減る】です。

みんな投資のプロとは限らない

日本で株や債券、投資信託などを行うためには証券会社で証券口座を開く必要があります。

証券口座を開いたとしても、投資に慣れていないならアドバイスが欲しいですよね。

その時、周りに投資で成功している人がいない限り、証券会社の人間に聞くことが多いのではないでしょうか。

ですが、残念ながら証券会社の人間が全員プロとは限りません。

知人の証券マンも新卒1年目から投資の助言をしていたそうですが、当時は「投資なんて分からない」というのが本音だったそうです。

投資のプロとして働くので、証券会社で働くには「証券外務員」という資格が一応必要ですが、正直それも1ヶ月も勉強すれば簡単に取れるものです。

証券マンの評価方法が悪い

もちろん金融会社には優秀な人もいます。

そういった人に助言をもらえばいいのですが、そこで次の問題が出てきます。

それは証券マンの評価方法です。

海外のアナリストやコンサルタントは顧客の利益から歩合を得るので、顧客が得をしないと稼げません。

ですが日本の場合、顧客の利益より「取引仲介料」が重視されます。

仲介料はその金額と取引回数で決まります。

つまり、優秀な証券マン=高額取引を沢山させる人。なのです。

したがって、本来する必要のない取引をさせるための助言になってしまうのです。

助言も必要だが自分でも勉強する

以上の様に、証券マンに任せっきりにすれば手数料でどんどん資産を減らされます。

さらに、相場も分からない人間に当たってしまえば大きく損をしかねません。

もちろん、顧客の利益を最優先に考えている証券マンも中にはいますし、正しい助言もあります。

ですが、助言があっても投資は自己責任です。

自分で結果に納得できるように知識を深めていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

現金主義は信用が付きにくい?

現金主義は信用が付きにくい?

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人と話をしている中で「クレジットとか怖いから作りたくない」と言っていました。

知人は若いのに珍しいですが、年配の方だとカードは悪と言うようなイメージの人もいますね。

しかし、ここまでキャッシュレスが浸透していくと、逆にクレジットを持っていない事がデメリットになることも多くなってきます。

これはマイホーム購入などにも関係してくるので気を付けたほうが良いでしょう。

ということで、本日のテーマは【現金主義は信用が付きにくい?】です。

クレジット必須の時代

まだまだ日本では現金主義の人は多いですが、1枚もカードを持っていないという人は少ないでしょう。

ネットでの通販では代引きを選べない所も増えましたし、スマホのSIMはカードのみと言うところも多いです。

最近では、現金不可という飲食店も出来ましたね。そのくらいクレジットカードなどのキャッシュレスが進んでいます。

仮想通貨などもどんどん出てきましたし、キャッシュレス化はこれからも進んでいくと思います。

それでも「自分は不便だと思わないし、現金主義だからカードは使わない」という人がいます。

しかし現金主義の人には、不便かどうかだけでない問題があるのをご存知ですか。

クレジットの履歴が信用になる

現金主義でどういった問題があるのか。

それは信用です。

クレジットやローンの履歴は信用情報として記録に残ります。

そこには作っただけのカードも白紙で載っていますし、延滞や未納の記載もきちんと載っています。

こう書くと「やはりカードは作らないで現金で払っていた方が良い。」と思う人もいるかもしれません。

ですが、まったく作らないのも良いとは言えません。

履歴が全くない人というのは「返せるか返せないか分からない人」という判断になるからです。

延滞や未納ばかりの人は流石に借りれませんが、カード利用が多くてローンがあっても、確実に支払いしている人のほうが、履歴が全くない人に比べると信用は高いのです。

将来、持ち家が欲しいと思っても、信用情報がないために十分な融資が受けられない事もあります。

その傾向は今後も強くなっていくでしょう。

今後さらに信用は大事になる

日本はかなり遅れているので今後ますますキャッシュレスは進んでいきます。

それにより信用レベルで受けれるサービスが変わってきます。

既にアメリカでは、信用レベルが低いと家を借りられない事もあります。

現金主義からキャッシュレスに移行するだけでは信用が増えるわけではないですが、信用は積み重ねです。

将来に向けて、今のうちから信用を積み重ねておくと良いと思います。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

掘り出し物?激安マンションの落とし穴

掘り出し物?激安マンションの落とし穴

みなさま、こんにちは。DSKです。

以前、知人が「地方のリゾートマンションを買おうと思う」と意気込んでいました。

理由を聞くと、購入価格が100万以下なので旅行時の宿泊所として使うとの事でした。

しかし、よく見ると管理費と修繕費が月に数万かかることが分かりました。

年に数回の旅行ために、年間ウン十万も出せるのか聞いたところ、購入を見送ることになりました。

ということで、本日のテーマは【掘り出し物?激安マンションの落とし穴】です。

激安となったリゾートマンション

バブル期にたくさん建てられ、所有していることがステータスでもあったリゾートマンション。

別荘を持っていると言うだけでお金持ちだなというイメージがありますが、現在はただの負債になっているところも少なくありません。

例えばスキー場の多い地方のリゾートマンション。

昔は賑わっていましたが、今はどこも投げ売りされている状態です。

一室数十万。中には物件価格は数万という物件もあったりします。

せっかくの物件なのに流石に数万はもったいないな。と思っていたのですが、ここには激安マンションの落とし穴がありました。

マンションは物件価格だけではない

みなさんも、管理費・修繕費という言葉は聞いたことがあると思います。

物件価格とは別に、日々の管理や将来の修繕のために支払う費用です。

現在、この管理費・修繕費が負担になっている所が多くあります。

物件購入のローンは支払い続ければ、いつかなくなります。

しかし、管理費・修繕費は物件を所有する限り永遠に支払い続けます。

これを計算に入れた上で購入しないと、大きな痛手となるかもしれません。

特に「激安」だと思って購入して費用が高ければ、負担も大きく感じるでしょう。

激安マンションは購入しないほうが良いのか

ということは、激安マンションは購入しないほうが良いのかというと、一概にそうとは言えません。

管理費・修繕費の価格を把握し、将来支払い続けられると判断できたなら購入していいと思いますし、賃貸経営で利益が出そうなら購入しても良いと思います。

単純に「激安だから」と価格だけ見て飛びつくのは止めて置いたほうが良いでしょう。

ただ、管理費や修繕金というのは自分でやる代わりに、誰かがやってくれている事に対するお金です。

そうやって人に任せて、自分のやる手間が少ないのもマンションの良いところです。

値段や経費、利用目的など良し悪しを見極めて、満足する買い物をしていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

投資の丸投げはギャンブルと一緒

投資の丸投げはギャンブルと一緒

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、金融関係で働いている知人が「投資の丸投げが多い」と言っていました。

知人は「もし悪徳業者なら、資産奪われるよ」と苦笑いしていました。

悪徳ならまだ法律が守ってくれますが、ただ自分が理解していなかったでは、泣きを見ることになるので気を付けましょう。

ということで、本日のテーマは【投資の丸投げはギャンブルと一緒】です。

投資は自己責任

最近は投資を行う人も増えてきましたし、NISAなど世間的に認知度の上がってきました。

しかし、投資をやろうと思う人が増えるのとは反して、投資の勉強をする人はあまり増えてない様に感じます。

不動産投資でも、株やFXなどでもそうですが、投資は自己責任です。

損をした時に資産を減らすのは当事者である自分です。

そんな自己責任である投資を完全に丸投げにする人もいます。

ですが、業者は謝ってはくれるかも知れませんが、損失の補填はしません。

丸投げは投機的商品を買っているようなもの

丸投げをする人の理由に「難しいから」という人がいます。

日本人は投資に馴染みのない人が多いですし、用語も日常で使わないものが多く、難しく感じるのは分かります。

しかし、自身の大事なお金です。

何に投資しているのか、どんな投資なのか。リスクやリターンはどんなものなのか。

最低限のことは理解しておき、色んな想定をしておく必要があるでしょう。

これらを理解しないで、なんとなく業者に任せているというのは、投機的に投資しているのと変わりません。

自身でも勉強しつつ、会社や担当に聞く

投資は丸投げにせず自身の勉強も大事になりますが、それでもやはり難しいから苦手という人もいると思います。

そういう場合は、納得できるまで会社や担当に話を聞きましょう。

ちゃんとした業者であれば、理解できるまで説明してくれるはずです。

完璧とまでは言わずとも、業者と相談したり報告を受けた時に、話を理解して選択が出来る様にはなっておいた方が良いでしょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産投資でローンを組むのが怖い

不動産投資でローンを組むのが怖い

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、お客様から「ローンを組むのに勇気が入ります」と言われました。

不動産投資は失敗すると莫大な借金を背負うイメージがあり、ローンを組むのが怖い人は多くいます。

ですが、実は思ったよりは損害が少ないものです。

そこがマイホームと違う所でもあります。

ということで、本日のテーマは【不動産投資でローンを組むのが怖い】です。

融資が怖い人は多い

不動産投資を行う上で、多くの人がネックと思うことの1つにローンを組むというものがあります。

確かに、何も生み出さずただ消費で数千~数億の借金をするのは怖いと思います。

しかし、不動産投資は収益物件を購入し運用するので、マイホームと違い返済だけで収益が無いというわけではありません。

さらに大抵の場合はローンの返済額は家賃収入でまかなうので、自分の持ち出しがあるわけではありません。

ただ、それでもローンを組むのは怖いと思う人は多くいます。

それは、もし上手く行かなかった時に、莫大な借金を背負うものと思っているからでしょう。

失敗してもローン残高全てを背負うわけじゃない

不動産投資は収益物件なので、家賃がローンの返済をしてくれると言いました。

それでも、仮に利益が出にくくなって手放したとした場合、「まだ残高が残っているので手放せなくなるのでは?」や「莫大な借金だけ残ったらどうしよう」という不安があってローンを組むことに踏み出せないのでしょう。

ですが、不動産投資は最終的に総額がプラスになっていたら黒字なので、それを考えて計算すると不安は減るのではないでしょうか。

途中で売却でも最終的に黒字なら良し

例えば、中古の3500万の物件を金利1%で購入、サブリースで10年保証、毎月1万5千円の黒字だったとします。

これを10年後に家賃が見込めなさそうだと売却することになりました。物件価格は毎年3%ずつ落ちていたとします。

この場合、10年後には物件価格は2580万ほどになります。

家賃収入合計が10年間で180万、ローンの残債が2620万になります。

すると、2580+180-2620=140万の黒字です。

この様に、途中で売却したとしてもマイナスになりづらいですし、マイナスになったとしてもローン全てを負う訳ではありません。

いかがでしょうか。ローンを組む事の不安が少しは和らいでもらえたでしょうか。

売却するとなっても最終的な損益が黒字で終わるように、売る時のことまで考えた上でしっかりとした物件を探していきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.