リボはサラ金と一緒。安易に手を出してはいけない

リボはサラ金と一緒。安易に手を出してはいけない

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人から「兄弟がリボを使っていて、慌てて止めさせた」と言っていました。

友人の兄弟は新卒でカードを作って何も知らずにリボにしてしまったそうです。

企業はリボの怖さを上手く隠して勧誘してきます。

だからと言って、安易に使うと痛い目を見るので気を付けましょう。

という事で、本日のテーマは【リボはサラ金と一緒。安易に手を出してはいけない】です。

リボ払いで無駄なお金を支払い続ける

「リボ払いで計画的に」「一括の支払い後からリボに出来ます」

クレジットカードの宣伝でこういった文句が多く見受けられます。

リボ払いは、手元にお金がなくても毎月一定額が請求されるため、請求額が高く困るようなことはありません。

ただ、リボ払いは毎月定額の返済で良い代わりに、高い金利を払い続ける事になるので注意が必要です。

例えば、10万を年利15%で月1万のリボ払いにすると、総額で10万7千円近くになります。

買い物が積み重なり合計50万で月1万ならば総返済額は69万近くにもなるのです。

迫る利用可能額で追いつめられる

高い金利だとしても、手元にお金がないから定額が良いという人もいるでしょう。

ですが、クレジットカードには“利用可能額”というものが設定されています。

一括ならば気にする必要はないですがリボや分割の場合、利用残高が残っていればその分利用可能額も少なくなります。

利用可能額限界まで使うと新しい利用がほとんど出来なくなってしまいます。

新しい利用が出来ないからと新しいカードを作ろうと思っても、審査が厳しくなるため希望通りには作れません。

カードが作れなければ現金で買い物をするしかなくなりますが、リボで限界まで行く人は現金をあまり持ってはいないでしょう。

手元に残っている現金で生活をしなければならない上に、リボの支払いはお構いなしに請求されます。

なんとか支払っても元本は大して減ってないので翌月・翌々月と、同じ生活を繰り返すことになり借金返済のための生活に変わっていきます。

リボを使う=非常事態と考える

上で書いたようにリボ払いは何も考えずに使えば、生活自体が大きく変わってしまうものです。

もし支払えるお金が手元にあるのであれば、リボ払いは選択しないことが重要です。

そもそもリボ払いでしか購入できない時点で、その買い物は過ぎた買い物であり浪費です。

もし仮に本当に必要なもので、どうしてもリボ払いにするしか無い場合は、出来る限り月の設定を上げて期間を短くすることが大切です。

リボ払いは複利で増えていくので、期間が長いほど利息が大きくなってしまいます。

複利は投資など行う分には強力な味方ですが、借金など敵に回すと厄介な相手です。

リボ払いは借金で買い物をしていると自覚して、総返済額を把握し気を付けて利用を考えていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.