明日仕事が失くなっても生きていけますか?

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人が「今会社をクビになったら、どうすることも出来ない」と言っていました。

また「この会社では優秀かも知れないけど、この会社でしかやっていけない能力だ。」と言っていました。

現代は大きい会社でも、いつ潰れるか分かりません。

安心に浸からずに、自分で生きていける力が必要ですね。

ということで、本日のテーマは【明日仕事が失くなっても生きていけますか?】です。

江戸時代から老舗百貨店が倒産した

先月27日、山形県の老舗百貨店「大沼」が破産手続きの開始決定を受けた。

事前告知はなく「買い物をしようと出向いたら閉店していた」、「まだ商品券が余っているが使えない」「今後の展示スケジュールも発表していたのに」と突然の閉店・倒産に顧客は戸惑っています。

この唐突な知らせは顧客だけではなく、従業員も当日まで知らされず寝耳に水でした。

200名近くの従業員は、26日に集められ突然解雇されました。

現在「大沼」は1月分の給与や退職金も払えない状態で、現在は失業した従業員の未払い分給与や、退職金を国が建て替えるなどの対処をしています。

いきなり職を失う時代になった

今の時代、経営難で企業が倒産する事は珍しくありません。

ここまで唐突なのは珍しいと思いますが、中小企業であれば十分ありえることです。

また世の中の流れとして、終身雇用を保障されなくなりました。

企業に勤めて一生懸命に働いていても、明日いきなり職を失う可能性があるのです。

職を失ったら生活はどう変わるのでしょうか。

まず失業給付はありますが収入は減ります。

再就職したくても年齢によっては選択肢は狭まってきてしまいます。

職場や収入が変わるということは、予定してた退職金や厚生年金ではなくなる事が多いでしょう。

若いうちであれば良いですが、あと数年で定年という時に職を失うのは悲惨です。

今回の大沼の件は、国や企業に頼り切ることのリスクを多くの人が知ることになったでしょう。

不安定でいられるという安心を作れるか

今の時代、自分自身で安定を作っていかなければいけません。

国や企業など1つのものに頼るのではなく、常に「不安定な状況で生きていける」という自信や安心感を持てる事が大切になります。

複数の収入の柱を作ったり、いつでも転職できるようにスキルを磨いておいたり、収入が途絶えても生活できる資産を築くなど、将来のために土台を作る必要があります。

何か行動するにしても、会社員の人は固定給という良い土台があります。

すでにある土台の上に副業や自己投資、資産形成などを積み重ねていく事でさらに土台は強くなっていきます。

今のうちから出来ることを行なって、不安定な中でも生きられる自信と安心を作っていきましょう。

 

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

3つの所得を意識して、豊かな生活を手に入れよう

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人と話をしていて「所得って給料の事じゃないの?」と聞かれました。

給料も所得の1つですが、所得には他にも種類があります。

今後、給料所得だけで生活していくのは大変です。

豊かな生活をしていくための、3つの所得を増やしていきましょう。

ということで、本日のテーマは【3つの所得を意識して、豊かな生活を手に入れよう】です。

お金持ちになるための3つの所得

所得と聞くとみなさんはどういったイメージをされますか。

「給料を控除された後の金額」という人が多いのではないでしょうか。

ですが給料以外にも所得はあり、日本では以下の10種類があります。

・給与所得・事業所得・退職所得・譲渡所得・不動産所得

・山林所得・配当所得・利子所得・一時所得・雑所得

これだけの種類がある所得ですが、お金持ちと一般の人では関わっている所得が違います。

会社員に関係するのは、給与所得・退職所得・雑所得(年金)が多いと思います。

一方お金持ちは、事業所得・配当(利子)所得・不動産所得が、一般の人よりも多くなっています。

豊かな暮らしをしたいと思うなら、この3つの所得を意識していく事が大切になります。

なぜ3つの所得を意識するのか

ではなぜ、この3つの所得が大切なのでしょうか。

まず事業所得は自分でビジネスをして、お金を稼いだものです。

給与所得は安定的に貰えるものではありますが、これからの社会で増やすのは難しく、一生懸命頑張ってもなかなか収入は増えません。

しかし事業所得であれば、頑張れば収入は青天井ですし、貯蓄や投資をするにしても、収入が多い方が有利となります。

次に配当(利子)所得は、株や国債などから得られる所得で、俗に不労所得と言われるものになります。

配当所得が増えると、その分の労働時間を減らす事が出来るので、自由な時間が増えます。

どんなにお金があっても、使う暇もなく死んでしまったら意味がありません。

時間を作るという意味でも配当所得は大切です。

不動産所得は家賃収入と言われるもので、配当所得と似ていますが不労ではありません。

不労ではないですが少ない労働で収入を得られるようになります。

また、配当所得に比べてコントロールがしやすかったり、レバレッジが掛けやすいので、比較的小資本でも始めやすいものです。

収入と時間を増やして豊かに過ごす

一昔前までは、これらの所得は富裕層と一般では大きな壁がありました。

ですが、幸いにも現代は副業の解禁や、企業のハードルが下がっているので、事業を始めることは難しくありませんし、投資を行うための情報や設備も整ってきました。

会社員でも、事業を行い資本を貯めると同時に、不動産を増やしていったり、配当所得となる商品を買い増していくことで、収入や時間の自由が効きやすくなってきています。

安定した給与所得を貰いながら、自分で資産形成が出来る時代です。

小さいところからでも良いので、3つの所得を意識して、豊かな暮らしを実現していきましょう。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加


↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村



ずるい人は優秀?その合理的判断に学ぶ

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人から「楽をして会社の和を乱すやつがいて困る」と相談を受けました。

話を聞いていると、どうやら会社のルールに問題がありそうでした。

なので「その人は無駄な作業をしてないだけで、むしろ優秀だと思う」と言うと、彼も納得してくれ、会社のルールを見直す方向を検討するそうです。

一見ずるく見えても、実は合理的な事もありますね。

ということで、本日のテーマは【ずるい人は優秀?その合理的判断に学ぶ】です。

ずるいと悪いは違う

世間で「ずるい人」と言うと、犯罪をしたり人を陥れても自分が得をするようなイメージがありますが、これは「悪い人」です。

「悪い人」というのは、悪意を持って行動したり、法を犯したりしてでも自分の利益を得ようとする人です。

それに対し「ずるい人」というのは、常識の枠から外れている人と言えるでしょう。

中にはマナー違反の人もいますが、そもそもマナーや常識というものは基準がなく、多数決の認識です。

地域や時代によっても変わるので、正しいとは言えないのですが、それから外れると「悪い人」と混同されてしまいます。

ただ「ずるい」には合理的な場合が多くあるので、学ぶところも多いでしょう。

常識やマナーは曖昧なもの

そもそも「ずるい」と言われる基となる、常識やマナーというものは曖昧です。

もともとはマナー違反でも、みんなが認識すれば常識に変わるものもあります。

例えば、昔は大学のレポートは手書きが基本でした。

ある日、私の友人がパソコンでレポートを書いてきました。

当時、私の通っていた大学はパソコンを使える人が少なかったので、手書きで書いてきた人からは「ずるい」と言われていましたし、中には教授に抗議する人もいました。

ですが逆に今では、手書きで書くなんて「非効率」とバカにされる事もあります。

結果論ですが「みんながそうだから」ではなく「こうした方が効率がいい」と実行した「ずるい人」が優秀だったのです。

世間の常識ではなくフラットに考える

世の中の常識は、実は間違っていることが多々あります。

また、みんな本当は違うと思っているけど常識に従っている場合もあります。

リモートワークをしたり、投資で生活したり、ゲーム実況で稼いだり。

人によっては「ずるい」と言ってくるものは沢山ありますが、悪い事をしていないのなら別に気にする必要はありません。

むしろ「ずるい」ことが出来る優秀さがあると思っても良いでしょう。

常識よりも、それが理に適っている方が本来は筋が通ります。

常識の枠だけで考えずに、「ずるい人」から学んで自分の人生を有効に使っていきましょう。

 

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村

利益やスキルが積み重なっていくものを増やす

みなさま、こんにちは。DSKです。

知人と話をしている時に「今から何か投資とか副業するなら何をしたら良いと思う?」と聞かれます。

その度に「利益やスキルが積み重なっていくものが良いと思います」と伝えます。

なぜ積み重なるものが良いのか。

ということで、本日のテーマは【利益やスキルが積み重なっていくものを増やす】です。

これからは自分で利益やスキルを増やしていく

日本の終身雇用の時代は終わりを迎えています。

大手企業もリストラを行ったり、副業を積極的に推奨する動きが多くなってきました。

そのため会社員も、会社や国に頼るのではなく自分たちで利益を作っていかなければいけなくなりました。

では、どうやって個人で利益を増やしていけば良いのか。

それには投資や事業を始めたり、個人で戦えるスキルを身に付けていく必要があります。

さらに言えば、その際に積み重なっていくものを選んでいくと良いでしょう。

積み重ねで増収入・少労働化をしていく

なぜ積み重なっていくものが必要なのか。

それは収入を増やしながら、時間も作っていくためです。

例えば、デイトレードで収入を得ていたとしても、トレードをしなくなれば収入が無くなります。

事業に関しても、単発の外注だけでずっと続けていくのでは、雇用形態が変わっただけで会社員とあまり変わりません。

これらを積み重なっていくものに変え、単価を上げて労働時間を減らしていくことで、自由が増えることになります。

個人での力をつける理由として、まずは安心できる生活を確保することが目標となります。

ただ、多くの人は出来る事なら収入を増やして、良い暮らしがしたかったり、家族や知人との時間を有意義にしたり、趣味や娯楽を充実させたいと思うでしょう。

そのために、最低限の安心を確保した後には単価を上げたり、時間を増やしたりするのに積み重なるものが効果的なのです。

積み重ねて収益を産む資産を作る

では、どうやって積み重ねていけばよいのでしょうか。

これをやれば全て大丈夫という事は言えませんが、意識することはあります。

それは、単発の収益ではなく収益を生み出す資産に繋がるかどうかを考える事です。

例えばデイトレード投資は単発ですが、インデックスファンドや高配当株などを積み立てていけば、不労で収益を産む資産になります。

事業では、管理やオーナー業などを積み重ねていく事で、少労働で定期収入を作ることが出来ます。

不動産の家賃収入などもそのうちの1つです。

またユーチューブやブログなど、労働するたびに収益資産を積み重ねることも良いでしょう。

もちろん単発は単発で、積み重ねより単価が高額の場合が多いので、バランスは必要となります。

ですが、長期的な視野で投資や事業・スキルなどを考える際には、安定収益と自由な時間が増える方法を選択していくと良いでしょう。

 

 

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加


↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村



日本にも広がってきているFIREムーブメントとは

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人から「会社なんて早く辞めてのんびりしたい」と言われました。

「FIREという考え方もあるよ?」とFIREを説明すると、やる気が出たようで目標に向けて頑張り出したそうです。

日本にも広がってきたFIREとはどういったものなのか。

ということで、本日のテーマは【日本にも広がってきているFIREムーブメントとは】です。

最近話題のFIREとは

現在、欧米で盛り上がりを見せているFIREムーブメント。

そのFIREとはなんなのか。

FIREとは

Financial=経済的

Independence=独立

Retire=退職

Early=早期

という4つの言葉の頭文字を取った言葉で、経済的に独立して、早くして生活の為の労働を卒業するというものです。

FIREには、節制や節約による削減で資金を作るスリム型と、生活水準は変えずに余剰資金を作り資金に充てるファット型があります。

節約や収入増などをしつつ貯蓄し、それを資産運用に回して退職しても生きていける資産を作る活動がFIREです。

FIREを達成するには

早期に生活の為の労働を卒業できれば嬉しいですよね。

では、FIREを達成するためにはどうすれば良いのでしょうか。

目安とされているのは、必要生活費の25年分と言われています。

例えば年間手取り240万欲しいと思えば、6000万の資産を作ります。

6000万を年利4%で運用すると、年間240万の利益となり必要年収と同じになります。

これは平均的なポートフォリオなら年利4%での運用が出来るという、4%ルールに基づいています。

例えば年間240万を目標として、年収500万の人が節約をして年300万を貯蓄に回すと、20年で達成となります。

現代の日本では、大卒から65才まで働くとなると40年以上働くことになるので、その半分の時間でリタイアが出来ることになります。

無理にリタイアをする必要はない

FIREの考え方は日本にも広がってきていて、それ自体はとても良い事だと思います。

多くの人が生活のために働きたいとは思っていません。

ですがFIREを行うにはある程度の収入か、極端な削減が必要となります。

平均賃金が下がり、物価も高い日本では難しい物でもあります。

毎月少しづつ資産運用をして老後の資金を作ったり、収入が低くてもやりたい仕事に付くためのプラス収入を作るなどが現実的でしょう。

もちろん副業などで増収して、FIREを目指しても良いと思います。

大切なのは国や会社に守って貰うのではなく、自分たちで判断していくと言う事です。

現代は、副業や投資などの自由度も上がっています。

上手く併用して、自分の生きたい人生を歩んでいきましょう。

 

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村




PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.