積立投資で失敗する3つのパターン

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、先日お客様とお話をしていて「無理すれば◯万までなら出せます」と言われたので「その金額で継続できますか?」と確認した結果、少し額を下げることになりました。

将来のために、少しでも多く投資したい気持ちは分かりますが、失敗して後悔しないためにも原則からは外れないようにしましょう。

ということで、本日のテーマは【積立投資で失敗する3つのパターン】です。

積立は定額を定期的に

積立投資は初心者でも負けづらい投資手法ですが、中には失敗する人もいます。

そうすると「やっぱり投資は怖いからやめておこう」と考える人も出てきます。

しかし失敗する人は多くの場合、やってはいけない事をやってしまっているので失敗します。

ではどういった行動が積立投資での失敗になっているのか。

今回は主な3つを説明します。

まず1つ目は、自分で相場を読んで積立額を増減させることです。

積立投資はドルコスト平均法を利用しています。

ドルコスト平均法は定額を定期的に投資することで、高い時には少なく安い時には多く買う手法です。

これにより相場に左右されずに低リスクで投資を行う事ができます。

それを自分で相場を読んで積立額を増減してしまっては、積立にしている意味がなくなってしまいます。

自分で相場によって投資をしたいのならば、積立とは別で投資をする方が良いでしょう。

積立は長期間継続する投資

2つ目は短期間で積立をやめる事です。

積立投資は複利を利用しながら、長期間行う投資です。

始めの方は投資額も少なく値動き小さいですが、年数が経てば増え方も大きくなります。

そのため始めて数年間は結果が出ず、つまらなさや不安を感じる人もいます。

短期で大きな収益を得たいと思うならば、株やFXのデイトレードを行なったり、一括の投資信託などで短期売買を行う必要がありますが、短期になるほどリスクも上がることは把握しておく必要があります。

また継続が大切と言う点で、負担の大きすぎる額を投資すると言う事が3つ目に挙げられます。

積立投資は長期間行うので、その期間の流動性は乏しくなります。

将来のために出来るだけ投資をすると言うのは悪いことではないのですが、そのために目の前を犠牲にするのは違います。

投資のために家計が赤字ギリギリまで行なってしまうと、日々の生活が苦しくて継続するのが嫌になったり、臨時出費など何かの拍子に短期解約となると、損をする確率が高くなってしまいます。

その投資ごとの原則を大切に

積立投資で失敗しないためには「長期で続けられる額を、継続して定期的に投資し続ける」事が原則です。

積立投資に限らずですが、失敗するパターンは原則を無視したものが多いです。

不動産投資でただ余っている土地にアパートを立てたり、株式投資で名前を知っていると言うだけで投資をするなど。

逆を言えば、原則通りに行えば失敗の確率は大幅に下げられます。

何事も最初は物足りなかったり不安が出るかも知れません。

ですが千里の道も一歩から、原則を意識してコツコツと資産形成を行なっていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

証券会社や銀行と投資家はゴールが違う

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人と出かけていた時に、ふと知人が銀行の相談会の旗を見て「こういう大手が投資嫌いを増やしてるんだ」と言っていました。

投資をする時に始めに思いつく、銀行や証券会社。

ですが、証券会社や銀行は投資家の味方ではないので、気をつけましょう。

ということで、本日のテーマは【証券会社や銀行と投資家はゴールが違う】です。

日本は投資後進国

かつては世界最大の経済大国になるだろうと思われていた日本。

失われた30年によって経済は長期停滞し、社会的な実感は不景気が続いています。

それでも日本は世界第3位の経済大国であり、世帯あたりの資産ランキング(OECD加入国)でも上位に入っています。

そんな日本ですが、投資に関しては後進国と呼ばれています。

米モーニングスターが2015年に各国の投信市場を評価しましたが、日本は25ヶ国中24位でした。

日本の上には多くの発展途上国もあり、南アフリカよりも下でした。

その原因には、日本人の預金崇拝や労働の美化など心理的なものもありますが、大きな原因として証券会社や銀行などの質の悪さがあるでしょう。

商品以上に報酬制度が問題

最近はネットで投資を始める人も多くなりましたが、まだまだ一般的には投資相談=証券会社や銀行の窓口です。

相談とは、問題解決のために話を聞くことですが、証券会社や銀行の窓口では問題を解決できません。

それは企業の収益モデルに問題があります。

銀行や証券会社の主な収益源は、投資家の売買による手数料です。

そのため、利益が出なくても手数料の大きい商品を販売したいですし、順調でも買い替えをしてもらいたいのです。

販売手数料という収益モデルである以上、”頻繁に高額の売買をさせる”ことが大切です。

長期投資の場合でも数年で「良い商品が出ました」と買い替えを提案します。

これでは投機的な短期売買が楽しい層しか続きません。

将来の資産形成を考えている層が投資を控えてしまうのも仕方ありません。

ゴールが違う相手だと理解して冷静な判断を

投資家のゴールはお金が増えていくことです。

それに対して日本の投資販売業者は、投資家が損したとしても企業の利益がゴールです。

海外の様に投資家の資産が増えたことに連動して、利益を得られる形ならばゴールは同じになり、より良い提案をできるでしょう。

しかし、現状の販売手数料ビジネスが変わらない間は、窓口に行く=カモの図式は変わらないでしょう。

もちろん、従業員が悪いわけではなく企業の人間として働く以上、企業の利益を優先することは仕方のないことです。

そこは私たち投資家が賢くなり、騙されない様にしなければいけません。

看板に惑わされず、しっかりと投資先を選んで資産を守っていきましょう。

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村

まとまった資金を投入するのはリスクが高い

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人から「若い時から貯蓄が好きで貯めてきたけど、銀行においてあるだけじゃ良くないって聞いたんだけど、どうしたら良い?」と聞かれました。

老後の事もあるので、ハイリターンは狙わずローリスクで分散させて増やしつつ、ある程度は流動性を持たせて銀行に置いておくのはどうかと説明しました。

まとまった資金があっても、分散の意識は持っておくと良いでしょう。

ということで、本日のテーマは【まとまった資金を投入するのはリスクが高い】です。

卵は1つの籠に盛るな

資産形成の基本的な考えに「卵を1つの籠に盛るな」という格言があります。

これは、その1つの籠を落としてしまうと全ての卵が割れてしまうので、リスクを分散させることが大切だという事です。

収入でいえば、給与所得だけだと会社をクビになったら路頭に迷ってしまいますが、複数の収入があれば、収入が減るだけで路頭に迷う事はありません。

投資でいえば、高配当の株に全額投資していたとして、その企業が配当を止めたり株価が暴落したら大損してしまいます。

このように、その時は良くてもいつまで続くか分からない前提で、分散をしておくことが大切です。

退職金や貯蓄も一度に投入しない

投資を行うために、まとまった金額まで貯蓄している人や、退職金を投資に使おうと思っている人もいると思います。

まとまった資金がある事は良い事ですが、それを一度に投資するのも気を付けた方が良いでしょう。

債権や「この企業が大好きで持ち続ける」などであれば良いですが、一度に投入した時期が最高値だと大損をしてしまいます。

ポートフォリオを組んで分散するのと同じ様に、時期もずらして時間的な分散も行うと良いでしょう。

時期的に分散することによって、保有資産の価額が平準化されるので、最大の損失は避けやすくなります。

もちろん「あの時に全額入れていたら…」となる場合もあると思いますが、それは結果論です。

退職金や貯めた資金など、せっかく頑張って得たお金は、堅実に増やすことを優先した方が良いでしょう。

一定額は残し流動性も確保する

また、まとまった資金がある場合には、全てを投資に向けるのではなく、一定額は銀行など流動性を確保しておきましょう。

増やしたいという気持ちから、出来るだけ投資に向けたいと思う気持ちも分かりますが、流動性がない事で損失が生まれることもあります。

例えば、ある程度の貯蓄があれば医療保険など、保険を見直して削減することが出来ます。

流動性のあるお金を残さなければ、安心のために高い保険に入り続けなければいけません。

他にも何か大きな支出があった際に、手持ちがないためにカードの分割や、ローンを組むことになるかも知れません。

金融商品を売れば大丈夫という人もいるかも知れませんが、たまたまそ暴落時であれば現金にするのは躊躇いますよね。

この様な場合などに備えて、すぐ使えるお金も準備しておくことが大切です。

メディアなどで「老後資金が足りない」という様な話を聞くと不安になる事もありますが、変に焦って失敗しないように、堅実な投資を進めていきましょう。



 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加


↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村



一番良い投資は自分が良いと思うもの

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人から「どの投資が一番良いの?」と質問されました。

投資には相性もありますし、どれも良し悪しがあるから一概に言えないと説明しました。

どんな投資でも弱点はあります。

どんどん経験して、判断していった方が良い投資が見つかりやすいでしょう。

ということで、本日のテーマは【一番良い投資は自分が良いと思うもの】です。

投資に絶対はない

老後の事や、少しでも生活のゆとりが欲しいと思い投資を始めようと思った時に気になるのが「どんな投資をすればいいか」です。

どうせ投資をやるなら、出来れば上手くやりたい。

そう思うのは人間の性です。

ですが、投資に絶対というものはありません。

どんな投資にもデメリットやリスクがあります。

例えば、デイトレードでは急落によって大きな損失が発生することがあります。

では長期投資はというと、数十年後に世界経済が縮小していく可能性もなくはありません。

不動産投資で事故物件などになってしまい、空室が続いてしまうかも知れません。

ビットコインなどの仮想通貨が普及して、為替取引が必要無くなりFXの制度自体が無くなるかも知れません。

もしかしたらを挙げれば、どんな投資でも弱点は出てきてしまいます。

情報発信者にとっては良い投資

それでも、情報を集めて出来るだけ良い投資をしようと思うのは当然です。

最近はネットなどでも質の良い情報がありますし、大変参考にある情報も沢山あります。

ただ、おすすめや人気だからと言って、それらが全ての人に当てはまるとは限りません。

みんなが良いと言っていても失敗する人は必ず出てきますし、世間では否定されているような投資で結果を残している人もいます。

おすすめの投資法などは、情報発信者にとっては最適な投資法だったということで、自分にとって最適かは分かりません。

それぞれの性格や資金量、環境や目的などにもよって最適は変わってきます。

「みんなが良いと言っている」ではなく「自分が良いと思う」が最適です。

経験しながら自分の最適を見つけていく

自分が良いと思うものを見つけるためには、少なからず経験してみる事が必要になります。

もちろん話を聞いた段階で「合わない」と思ったものは経験する必要はありません。

ですが、「良さそう」と思うなら、行動する価値はあります。

いきなり大金を投入したり大勝負に出なくても良いので、まずは経験してみると良いでしょう。

FXでレバレッジを掛けずに取引したり、ミニ株を買ってみたり、小額からでも積立を始めてみたりなど、小さく始められるものもあります。

比較的値動きの少ない不動産や金などの現物資産から入るのも良いでしょう。

一番良い物を探し続けて、結局なにもしていないが一番もったいないです。

まずは少しずつでも投資を始めてみましょう。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村



拒否反応で損をしている。試しにやってみる気持ちが大切

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、家族の通信費の見直しをしていて、家族から「こんなに簡単で安くなるなら、もっと早くからやれば良かった」と言われました。

難しそうや面倒そうというイメージでも、やってみると簡単だったり得になったりすることがあります。

ということで、本日のテーマ【拒否反応で損をしている。試しにやってみる気持ちが大切】です。

年齢を重ねるにつれ拒否反応が増える

子供から大人になるにつれ知識や経験が多くなり、自分なりの判断基準が出来上がってきます。

その判断基準は間違った判断を防ぐために役立っています。

これは受け付けないといった拒否反応も、間違いを犯さないようにするための危機管理能力です。

一方、判断基準や拒否反応によって損をしている人もいます。

人の判断基準は主観的な物です。

良く知っているものに対しては効果が高いですが、初めての物や未知のものに対しては精度は低いものです。

それを補うために想像をするのですが、それはあくまで想像でしかありません。

拒否反応を示しても、実際に試してみたら有益な物もあるでしょう。

拒否反応によって損をしている

拒否反応が出るものは人それぞれです。

例えば、活字だらけで分厚い本は全く読む気が起きなかったり、見た目がハードだから挑戦するのを止めてしまったり、理解するのが難しそうだから説明を聞かなかったり。

ですが、それによって損をしているかも知れません。

もしかしたら

その本を読んでみたら、凄く面白くてサクサク読めてしまったり

一見大変そうだけど、やってみたら楽しくて熱中してしまったり

学んでみたら簡単で、すぐにスキル習得できてしまったり

試しにやってみる事で簡単に利益を得られることもあります。

特にお金に関する話は拒否反応が出る人は多いですが、試しにという感覚で経験してみることで得をすることも多くあります。

逆を言うと、拒否反応を示すことで損失を出すことに繋がってもいるのです。

失敗しても大した損じゃない。やってみて得しよう

試しにやるくらいで得するなら、なぜ拒否反応が出るのか。

それはやってみて失敗した時の損失を嫌がるからです。

人は得する喜びより、損する辛さの方が大きく感じるので、実際には得の方が大きくても「損するかもしれない」と拒否反応が出てしまいます。

ですが、仮に失敗しても知識や経験として判断基準が養われるので、本当に大きい判断の時に活かされます。

それを試しにもやらなければ、得もしなければ経験も手に入りません。

「ダメならやめれば良い」くらいの感覚で様々な事をやってみる方が結果的に損失は少なくなります。

命を懸けるような事でもない限り、気軽にまずは試しにやってみましょう。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村



投資は資産形成に効果的だが万能ではない

みなさま、こんにちは。DSKです。

以前、新車を買った友人が「次の乗換目安までの5年間積立投資をするのってどうかな」と聞いてきました。

その目的なら定期預金の方が良い事とその理由を説明しました。

投資のハードルが下がったのは良い事ですが、お金を準備するなら何でも投資が良いとなるのも問題です。

ということで、本日のテーマは【投資は資産形成に効果的だが万能ではない】です。

短期計画に積立投資は向かない

最近は将来の為にと投資を始める人が増えましたね。

弊社でも投資方法や資産形成について、質問を頂くことが増えました。

特に積立投資は初心者でも行いやすいという事もあり、開始を検討している人も多いです。

多くの場合、老後の資金作りや子供の教育費を作る為など長期的な計画です。

ただ、中には「買いたいものがあるので、その資金作りに投資がしたい」や「数年後にイベントがあるからそれまでに増やそうと思って」など短期的な計画の相談もあります。

積立投資は「定額」を「定期的に」で「長期間」行う事に意味があります。

基本的に数年で辞めたり引き出しをするのであれば積立投資は向きません。

短期投資はリスクが高くなる

短期的な資金計画に積立は向かないと説明しました。

では、通常のNISAなど短期投資ならどうでしょう。

NISAは短期投資を行うのに有効な手段の1つとなります。

ただ、短期投資で大きいリターンを出そうと思ったら、その分リスクも大きくなります。

投資に慣れていて損失を回避できる人であれば良いですが、初心者が短期で大きな利益を出そうとするのは投機的に近くなるので、おすすめ出来ません。

もちろん、余剰金で失っても困らない場合などは投機的でも良いですが、用途が決まっている資金はリスクを下げておいた方が無難です。

数年後など、短期間で使うお金を作りたいのであれば、単純に数年間貯蓄をした方が早いでしょう。

なんでも『貯蓄から投資』にしてはいけない

投資は資産形成に適した方法です。

ですが、それは長期的な視野で行った場合です。

積立投資に限らず、不動産投資などもインカムゲインで長期で収入を得ていきます。

金融資産でも現物資産でも、キャピタルゲインによる短期投資はリスクが高くなります。

もちろん、それが悪いわけではありません。

何でもそうですが、ものには向き不向きがあります。

お金に関しても同じで、リスク管理には保険を利用したり、近い将来の資金は貯蓄を選択したり。

『貯蓄から投資へ』とは言いますが、何でもかんでも投資の方が有利なわけではありません。

目的に合った方法を選んで、無駄なく資産を形成していきましょう。


 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村




PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.