損失回避の法則と保険の関係

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人の入っている保険を見直しをした際に、過剰に入っていたので保障を少なくする事を提案すると「もし足りなかったら困る」と言っていました。

確かにあまりにも足りないと困りますが、100%安心を求めると高額な保険料になってしまいます。

確率を考えて、過度に心配するのはお勧めしません。

ということで、本日のテーマは【損失回避の法則と保険の関係】です。

誰にでも備わっている「損失回避」の本能

皆さんは「損失回避の法則」というのをご存知でしょうか。

「損失回避の法則」とは行動心理学上の理論で「人は得をするよりも、損をしたくない思いの方が強い」という理論です。

例えば、必ず「50万もらえる」と「50%の確率で100万もらえる」だと前者を選ぶ人が多くなります。

それが、借金が100万あるとなると後者を選ぶ人が多くなるのです。

内容は同じなのに結果が変わってくるのには、例え50%の確率でも「借金という損失」がなくなる事を期待する事が原因にあります。

この様に、人間は得られる利益よりリスクを取ってでも損失を嫌うのです。

万が一の損失に耐えられない

この損失回避はよく投資の世界で使われます。

人は損失を嫌うので、利益が10万得られることより損失が5万で抑えられる事を重要視します。

その為、多くの人は損失が苦痛で損切りが出来なくなったり、まだ上がる余地があるのに少しでも上がったら利確してしまいます。

実はこの法則は保険加入にも関係しています。

保険は万が一の病気や怪我のためですが、この病気や怪我という「損失を回避」する心理が働き、確率的に少なくとも「損失を負わない」ためにコストを支払う様になります。

そのため、多くの人が万が一になると損失どころか利益になる様な保険に入ってしまうのです。

万が一に利益になるのはギャンブル

病気や怪我といった「万が一」の準備をしたいと思う気持ちは分かります。

しかし、”万が一”という様にその確率は低いものです

冷静に考えると結局は無駄に保険料を多く払っただけになる確率が高くなります。

残念ですが、保険は超優秀な頭脳を持った人たちが計算し尽くして、必ず保険会社が儲かる様に出来ています。

つまり、万が一の時に必ずプラスになる様な保険の掛け方は、言い換えれば保険ギャンブルです。

しかも、多くは掛け捨てになりますし、仮に当たっても実際の自分の利益は大したことはありません。

それに本当に大きな問題になったとしても、日本には公的保証がかなり充実しています。

確率と金額を考えれば不要な保険が多いと言わざるを得ないでしょう。

保険は絶対に不要とまでは言いませんが、無駄な支出を削減するためにも、本当に必要なのか冷静に判断して見直しをしていきましょう。

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村

投資に踏み出せない人は体験してみる気持ちで

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人から「投資をやってみたいけど、自分に出来るか不安で踏み出せない」と相談されました。

それなら「だったら余計に、試しに体験してみた方がいい」と伝えました。

なぜそんな事を言ったのか。

という事で、本日のテーマは【投資に踏み出せない人は体験してみる気持ちで】です。

投資に踏み出せない理由は消せる

投資をしようと思っても、いまいち踏み出せないと感じている人は多くいると思います。

踏出せないと言う人の話を聞くと「資金がない」や「知識がない」だったり「上手くやれるか不安」といったものがあります。

確かに資金や知識があれば、無いよりは有利になります。

不安を感じなければ、何も気にせずに行動に移せるでしょう。

ただ資金や知識が無いなら、無くても大丈夫なものを選べば良いですし、上手くやれるか不安なら、いきなり本気でやらずにお試しをしてみれば良いのです。

踏み出せない理由の消し方

では具体的にどうすれば良いのか。

資金や知識が無いに対しては、S&P500の様な海外積立投資である程度解決できます。

積立投資は少額から購入できますし、難しいポートフォリオはプロが行ってくれます。

また、定期的に購入することでリスクも低く抑えられるので、初心者でも安心して行うことが出来ます。

また資金がなくとも、信用があれば融資を使って不動産投資を行うという手もあります。

それでも不安で始められないという人もいると思います。

そういった人は『とにかく出来るだけ少額で試しに投資を始める』ことが大切です。

最近では1000円くらいから株を変えるサービスや、ポイントで投資できるサービスもあります。

それくらい少額であれば、仮に間違って損失を出しても痛みも少なくてすみます。

限りなく少額でも意味がある

「少額じゃ増えも減りもしないから意味がない」という人もいますが、そうでもありません。

確かに短期で利益を出そうと思うと、あまりに少額すぎるとほぼ不可能です。

ですが、少額で投資をする意味は経験値を貯めることになります。

自分にとって「損失になっても困らないが実際のお金をかける」ことが大切なのです。

これにより、投資の仕組みはどんなものなのか。

実際にやるとどう感じるのか。

自分に合っているのか、合っていないのか。

など、投資についての理解を深めることが出来ますし、理解することで不安も少なくなります。

なので、踏み出せないという人ほど、何かしらを始めることをお勧めします。

投資はやらなければいけないものではないですし、しなくても幸せな人はたくさんいます。

ただ「なんとなく怖いから」という理由で、可能性を消してしまうのはもったいないです。

「とりあえず」で良いので、試しに体験するくらいの気持ちで、始めて頂きたいと思います。

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村

お金のない人ほど、短期・一括・一点が好き?

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人から「1年くらいで増える投資ありませんか」と聞かれました。

知人は生活費の足しにしたくて投資を始めたのですが、初心者でリスクを上げるのは危険です。

焦るのも分かりますが、資金がない時ほど堅実を目指すべきです。

ということで、本日のテーマは【お金のない人ほど、短期・一括・一点が好き?】です。

初心者にオススメは長期積立

私は知人や友人から「オススメの投資は何?」と聞かれることがよくあるのですが、基本的にはインデックス投資などの指数連動の長期積立投資をオススメしています。

投資で大切なのは勝つことよりも、負けないことです。

特に初心者は経験もスキルもないので、餌につられてカモにされることがよくあります。

それによって投資を嫌いになったり、投資を否定するようになるのは悲しいことです。

長期積立は、初心者でもリスクを抑えて堅実に増やしていくことに向いているのですが、負けない投資というのは基本的につまらないものになります。

長期積立はすぐには結果が出ない

長期投資のデメリットの一つに、すぐに結果が出ないことがあります。

投資先や時期を分散することはリスクを下げることにつながりますが、その分リターンも少なくなってしまいます。

すでに資産がある人なら余裕があるので待っていられますが、現在の生活を楽にしたいという理由で投資を始める人も少なくありません。

そのためコツコツと長期で行うには、もどかしさが出てきてしまい、つい短期や一点投資などハイリスクのものに走ってしまいがちです。

しかし、資産が少ない状態でのハイリスクは冷静な判断が難しくなりますし、都合の良い詐欺にもかかりやすくなってしまいます。

結局は地道が一番

投資に必殺技はありませんが、確かに短期的に稼げる方法は一時的になら出てきます。

例えば近年では、仮想通貨やFXなどで大きな利益を得た人もいるでしょう。

ですが、それらは一過性のもので結局どこで逃げれるかの投機です。

一過性のものは当たれば短期的に稼げますが、長期的に稼ぎ続けられません。

その上、下手に勝ってしまうと旨味を知ってしまい、旬を過ぎたにもかかわらず「またくる」と冷静な判断ができなくなりがちです。

いまだにバブル経済がまた来ると信じてやまない人もいるくらいです。

長期的に見ると、結局はインデックスでの積立など、基本的なものの方が資産が増えることになります。

なかなか利益が増えずにもどかしさもあると思いますが、少額からでも1つ堅実な投資をしておくことが、将来的には近道になります。

リスクを分散して、確実に資産形成をしていきましょう。

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村

拒否反応で損をしている。試しにやってみる気持ちが大切

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、家族の通信費の見直しをしていて、家族から「こんなに簡単で安くなるなら、もっと早くからやれば良かった」と言われました。

難しそうや面倒そうというイメージでも、やってみると簡単だったり得になったりすることがあります。

ということで、本日のテーマ【拒否反応で損をしている。試しにやってみる気持ちが大切】です。

年齢を重ねるにつれ拒否反応が増える

子供から大人になるにつれ知識や経験が多くなり、自分なりの判断基準が出来上がってきます。

その判断基準は間違った判断を防ぐために役立っています。

これは受け付けないといった拒否反応も、間違いを犯さないようにするための危機管理能力です。

一方、判断基準や拒否反応によって損をしている人もいます。

人の判断基準は主観的な物です。

良く知っているものに対しては効果が高いですが、初めての物や未知のものに対しては精度は低いものです。

それを補うために想像をするのですが、それはあくまで想像でしかありません。

拒否反応を示しても、実際に試してみたら有益な物もあるでしょう。

拒否反応によって損をしている

拒否反応が出るものは人それぞれです。

例えば、活字だらけで分厚い本は全く読む気が起きなかったり、見た目がハードだから挑戦するのを止めてしまったり、理解するのが難しそうだから説明を聞かなかったり。

ですが、それによって損をしているかも知れません。

もしかしたら

その本を読んでみたら、凄く面白くてサクサク読めてしまったり

一見大変そうだけど、やってみたら楽しくて熱中してしまったり

学んでみたら簡単で、すぐにスキル習得できてしまったり

試しにやってみる事で簡単に利益を得られることもあります。

特にお金に関する話は拒否反応が出る人は多いですが、試しにという感覚で経験してみることで得をすることも多くあります。

逆を言うと、拒否反応を示すことで損失を出すことに繋がってもいるのです。

失敗しても大した損じゃない。やってみて得しよう

試しにやるくらいで得するなら、なぜ拒否反応が出るのか。

それはやってみて失敗した時の損失を嫌がるからです。

人は得する喜びより、損する辛さの方が大きく感じるので、実際には得の方が大きくても「損するかもしれない」と拒否反応が出てしまいます。

ですが、仮に失敗しても知識や経験として判断基準が養われるので、本当に大きい判断の時に活かされます。

それを試しにもやらなければ、得もしなければ経験も手に入りません。

「ダメならやめれば良い」くらいの感覚で様々な事をやってみる方が結果的に損失は少なくなります。

命を懸けるような事でもない限り、気軽にまずは試しにやってみましょう。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村



変化を邪魔する現状維持バイアスを外す

みなさま、こんにちは。DSKです。

私の知人に、とてもものぐさな人がいます。

本人も今のままではダメだと考えているのですが行動できないとの事。

ですが、これからの時代変化が出来ないと苦労が増えてしまいます。

という事で、本日のテーマは【変化を邪魔する現状維持バイアスを外す】です。

現状維持バイアスとは

みなさんは「現状維持バイアス」というのを聞いたことがありますか。

新しいことを始めるなどの変化より、現状を維持することを望む心理です。

例えばブラック企業で働いていて、心身ともにボロボロになっているにも拘わらず、転職するという変化を拒んで、同じ場所にいてしまったりします。

もっと身近な話では、保険の見直しや通信会社の切り替えによって、固定費を削減できるとしても「なんか面倒そう」など変化を恐れて行動しなくなります。

このバイアスが働くと、変化をすることが自分にとって利益になるにも関わらず、現状維持を選択してしまいます。

変化しないという事は、一見すると現状維持なので何も変わらないように感じます。

しかし何もしない事によって、本来得られる利益が得られない事は損失です。

現状維持バイアスは恐怖から

利益になる事なのに、なぜ行動できないのか。

そもそもなぜ現状維持を求めてしまうのか。

「現状維持バイアス」の根底には、損失への恐怖があります。

利益になる事をやらないのに損失への恐怖?

一見矛盾しているように見えますが、これは「損失回避性」という心理によって引き起こされています。

人は利益から得られる満足より、同じくらいでも損失での苦痛の方がより大きく感じます。

本来は得する可能性の方が高くても、損をするかもしれない恐怖に勝てないのです。

通勤での近道があっても、普段と違う道は「事故に遭うかも知れない」「通行止めだったら」と妄想を膨らませてしまいます。

「ここは大丈夫だ」という確信がなければ進めないのですが、通らなければ分からないので、これでは一生近道が出来ません。

せっかく近道があるのにもったいないですよね。

現状維持バイアスを外す

現状維持バイアスのせいで、沢山のもったいないが溢れています。

では、どうやって「現状維持バイアス」を外せばいいのでしょうか。

主観によって恐怖が大きくなっているので、これには客観的な情報で比較をすることが大切です。

1、コストやリスク、利益などを数値で比較する

数値には主観はありませんし、曖昧さもありません。

主観の入らない数値を比べることで、客観的で明確な情報を得られます。

2、「利害関係のない第三者」の意見を仰ぎ、バイアスなしの客観的な判断を受け取る。

利害関係のない事で、その人の主観も入りづらく客観的な意見を手に入れられます。

3、「最悪のケース」を想定する。

損失回避性は損失の度合いが分からないという恐怖もあります。

そこで最悪でどれくらいの損失になるのかを考えることによって、実は問題なかったり覚悟が決まったりします。

数値で見える化し、客観的意見を取り入れた上で最悪を想定することで、根底にある不安を取り除きます。

「現状維持バイアス」によって見えない損失を受けている人は多くいます。

せっかくのチャンスを得るために、邪魔するバイアスを外していきましょう。



LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村



時給単価ベースで行動する

みなさま、こんにちは。DSKです。

最近、知人と会った時に「家事代行を頼み始めてから、時間に余裕が出来てやりたいことが出来るようになった」という話を聞きました。

彼は収入は高いのですが、忙しくて趣味の時間が取れないと嘆いていたので、良いお金の使い方をしたなと思いました。

外注を使って、より効果の高い時間を作る事も大切です。

という事で本日のテーマは「時給単価ベースで行動する」です。

時給単価を意識する

会社員の人と話をしていると、「年収」や「月給」に対しての意識はあるのに「時給」に対しての意識が低い人が多いです。

友人に「時給」の話をしたら「時給ってバイトでもするの」と聞かれてしまいました。

多くの人が「時給」と聞くと、アルバイトやパートを思い浮かべますが、月給の人でも「時給単価」は意識した方が良いでしょう。

例えば月30万の収入で月に200時間働いた場合、時給は1500円となります。

この時給単価をなるべく高くするように意識して働くことが大切です。

なぜかと言うと時給単価が低ければ、その分時間が無くなりますし、大金を稼ぐためには、その分労働時間が多くなるからです。

逆に時給単価を上げれば、同じ収入でも時間に余裕が出来るので、違う仕事や趣味などに充てることが出来るようになります。

収入が高ければ良いと言う事ではない

私の知人に年収1000万以上のAと、年収700万位のBがいます。

金額だけ見るとAの方が良いですが、Aは毎日の様に朝から晩まで仕事をしています。

試しに時給計算をしてみると、時給単価が2300円程でした。

それに対してBは、残業もほぼなく年休も120日ほどあり、時給単価を計算してみると約3600円でした。

年収はAの方が高いですが、Bの方が趣味の時間も取れて充実しています。

仮にBがAと同じくらい稼ぐ場合でも、働いている時間は少なくて済みます。

時給単価を高くすることで、収入と時間の分配がしやすくなり、余裕のある人生を送ることが出来るのです。

知人の整体師は「家族との時間が欲しい」と1日1人、2時間だけやって生活している人もいます。

労働時間以外も時給単価で考える

この時給単価は仕事の場面だけでなく、日常にも使えます。

富裕層などはこの事を理解しているので、一般の人が「これくらい自分でやればタダなのに」と感じる事でも外注や代行を利用します。

富裕層はその作業が「タダではない」事を分かっているからです。

例えば、時給3000円の人が家の大掃除に半日かけたとします。

3000×6なので、それは18000円分の価値です。

家事代行を利用すれば、その間に18000円分の仕事が出来ます。

18000円あれば、代行を使ってもお釣りがくるでしょう。

時給単価を意識して、時給単価より安くて人に頼めることは頼んでしまった方が、より生産性を高めることが出来るのです。

日本の労働者の質は世界トップクラスにも関わらず、最低賃金は先進国最低レベルです。

本来ならもっと給料を貰ってもおかしくない人が沢山います。

おそらく、役不足な無駄な仕事も多くあるのでしょう。

これからは個の時代です。

自分を安売りせずに、時給単価を上げて余裕のある生活をしていきましょう。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村




PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.