変化を邪魔する現状維持バイアスを外す

みなさま、こんにちは。DSKです。

私の知人に、とてもものぐさな人がいます。

本人も今のままではダメだと考えているのですが行動できないとの事。

ですが、これからの時代変化が出来ないと苦労が増えてしまいます。

という事で、本日のテーマは【変化を邪魔する現状維持バイアスを外す】です。

現状維持バイアスとは

みなさんは「現状維持バイアス」というのを聞いたことがありますか。

新しいことを始めるなどの変化より、現状を維持することを望む心理です。

例えばブラック企業で働いていて、心身ともにボロボロになっているにも拘わらず、転職するという変化を拒んで、同じ場所にいてしまったりします。

もっと身近な話では、保険の見直しや通信会社の切り替えによって、固定費を削減できるとしても「なんか面倒そう」など変化を恐れて行動しなくなります。

このバイアスが働くと、変化をすることが自分にとって利益になるにも関わらず、現状維持を選択してしまいます。

変化しないという事は、一見すると現状維持なので何も変わらないように感じます。

しかし何もしない事によって、本来得られる利益が得られない事は損失です。

現状維持バイアスは恐怖から

利益になる事なのに、なぜ行動できないのか。

そもそもなぜ現状維持を求めてしまうのか。

「現状維持バイアス」の根底には、損失への恐怖があります。

利益になる事をやらないのに損失への恐怖?

一見矛盾しているように見えますが、これは「損失回避性」という心理によって引き起こされています。

人は利益から得られる満足より、同じくらいでも損失での苦痛の方がより大きく感じます。

本来は得する可能性の方が高くても、損をするかもしれない恐怖に勝てないのです。

通勤での近道があっても、普段と違う道は「事故に遭うかも知れない」「通行止めだったら」と妄想を膨らませてしまいます。

「ここは大丈夫だ」という確信がなければ進めないのですが、通らなければ分からないので、これでは一生近道が出来ません。

せっかく近道があるのにもったいないですよね。

現状維持バイアスを外す

現状維持バイアスのせいで、沢山のもったいないが溢れています。

では、どうやって「現状維持バイアス」を外せばいいのでしょうか。

主観によって恐怖が大きくなっているので、これには客観的な情報で比較をすることが大切です。

1、コストやリスク、利益などを数値で比較する

数値には主観はありませんし、曖昧さもありません。

主観の入らない数値を比べることで、客観的で明確な情報を得られます。

2、「利害関係のない第三者」の意見を仰ぎ、バイアスなしの客観的な判断を受け取る。

利害関係のない事で、その人の主観も入りづらく客観的な意見を手に入れられます。

3、「最悪のケース」を想定する。

損失回避性は損失の度合いが分からないという恐怖もあります。

そこで最悪でどれくらいの損失になるのかを考えることによって、実は問題なかったり覚悟が決まったりします。

数値で見える化し、客観的意見を取り入れた上で最悪を想定することで、根底にある不安を取り除きます。

「現状維持バイアス」によって見えない損失を受けている人は多くいます。

せっかくのチャンスを得るために、邪魔するバイアスを外していきましょう。



LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村



若いうちから最低限の金融リテラシーを

先日、知人から「日本人はリテラシーが低い」という話をされました。

リテラシーという言葉が使われだしたのは最近なのであまり浸透していないかも知れませんが、リテラシーを高めるということは自分の身を守ることにつながります。

大切な事なので早めに高める意識を持つ事をおすすめします。

ということで本日のテーマは【若いうちから最低限の金融リテラシーを】です。

日本人はリテラシーが低い

昨今、リテラシーと言う言葉が良く使われるようになりました。

メディアリテラシーやITリテラシー、ヘルスリテラシーなど多くのリテラシーがあります。

リテラシーとは、簡単に言えば「自分で解釈して判断できる知識・能力」です。

日本は先進国の中でもリテラシーが低いと言われています。

スマホを持っていても電話とLINEしかまともに使えなかったり、自分が支払っている税金も分かっていなかったり。

リテラシーが低いと何が問題なのかというと、自分で分からない事を他人に頼って依存してしまうことです。

専門家(自称でも)に言われたことを全て正しいんだと鵜呑みにしてしまいます。

ある意味それは“人を信用していて素直”と良い部分でもあるのですが、悪賢い人からすれば情報弱者であり搾取の対象にしかなりません。

リテラシーは人生を守る術

リテラシーが低いと悪賢い人たちの養分にされてしまいます。

メディアの良いように洗脳されたり、会社の奴隷になったり、不要な契約をさせられてしまったり。

リテラシーの低い人は人生全般において損をしやすい傾向にあります。

特に今の時代、金融リテラシーなどは若いうちから高めておくことが大切です。

生きていく上でお金は絶対的に必要なものなのに、義務教育では教育をしてくれません。

ですが社会に出れば必ず考えなければいけない事が出てきますし、何も考えなければ無駄に搾取されてしまいます。

お金の問題から自分の身を守るためにも、金融リテラシーを高める事は重要です。

若いうちからリテラシーを高めておく

リテラシーを高める場合、出来るだけ早くから高めていくと良いでしょう。

それは若ければ若いほど将来の計画の幅が広がり、修正をしやすくなるからです。

人生では大きなお金が必要になる時も出てきます。

そんな時に人生に必要な資質や対策など、ゴールへの道筋が分かっていることによって余裕を持って計画が立てられます。

同じ情報やスキルがあっても「独身で両親も健在、数年かけて事業を育てていける20代」と「家族がいて、親の面倒も見なければならず、収入も頭打ちな50代」では、背負うリスクや選択肢の範囲に大きな違いが出てきます。

時間的・精神的な余裕があれば、その分を自分が豊かになる為に使えます。

また同じ余裕のある20代でも、リテラシーが高ければ豊かな人生を送り、リテラシーが低ければ大変な人生を送りやすくなります。

本来は義務教育で教えるべきだと思いますが、残念ながら学校では教えてくれません。

しかし、だからと言って何もしなければ人生がハードモードになっていくだけです。

始めは大変な事も多いですが、出来るだけ早くからリテラシーを高め、自分の身を守っていきましょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村

次に進むためには空き容量が必要

次に進むためには空き容量が必要

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人と話をしていて「忙しくてやりたい事に手が回らない」と言っていました。

仕事に家庭や趣味など、彼が色々とやる事が多く忙しいのは分かります。

ですが、人のやれる事には限界があります。

やりたい事があるなら何かを辞めて余裕を持つ必要があるでしょう。

という事で、本日のテーマは【次に進むためには空き容量が必要】です。

上手くいかない人は余裕が足りない

「もっと収入が欲しい」「ダイエットに成功したい」「試験に合格したい」など、人にはそれぞれ目標があると思います。

その目標をクリアしていく人と、いつまでも達成できない人がいます。

このクリアする人と出来ない人の違いは何でしょうか。

目標をクリア出来る人は、そのための労力をしっかりと割き、計画に合わせて集中して行動していきます。

逆に達成できない人というのは、普段の生活で余った時間でやったり、ダラダラと長期間やっていたりします。

やるならば一気にやってしまった方が、進捗も早くなりやすいですし集中できるので、出来るだけ一気にやってしまった方が良いでしょう。

こう言うと「そこまでの余裕がない」と言われたりしますが、何かを手に入れるには何かを手放さなければなりません。

人間が1人で出来る事には限界があるのですから。

人間もパソコンと一緒で容量がある

人をパソコンで考えてみてください。

何か行動するという事はRAMを消費することになります。

目標を達成するという事は今までより努力しないといけないので、その消費も大きいものになります。

その時、他にも複数同時並行で行動していると容量が圧迫されてしまいます。

容量オーバーになればパソコンも動作が進みませんよね。

なので人間も同じように重たい作業の時は、他の作業を止め集中することが必要です。

このRAMの容量を確保している人が目標クリアできる人になります。

もちろん、仕事や生活で削れない作業もあると思います。

ただ、余計な睡眠やテレビなどの時間、遊びに行く時間など削れるものはあるでしょう。

どれだけ他の作業を削れるかで、クリアできる確率が上がっていくのです。

始めは大変でも慣れれば効率化してくる

目標を達成するために削れるところを削り、集中して行う事で達成の可能性がグッと上がります。

資格や一時的な物なら良いけど、継続的なものならやり続けるのは無理じゃないか。という事を言われることもあります。

もちろん、一度達成してすぐに他を元に戻すことは難しいでしょう。

ですが、何度か繰り返し行っていくと容量を省エネする方法も分かってきます。

省エネが出来れば、その分容量も空くので少しずつ他の物を加えていけば良いのです。

「どれも大切だから同時進行でやっていきたい」と感じる人もいると思いますが、よほどの天才でもない限り、あれもこれもは容量オーバーになってしまいます。

惜しいものもあるかも知れませんが、目標を達成したいならばその為の容量を確保していきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

数を重ねれば正確な確率に近づく

数を重ねれば正確な確率に近づく

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人と株の話をしていた時に「株はやってみたことあるけど、損するだけだから辞めた方が良い」と言われました。

ただよく話を聞くと、株を買ったのは一回だけでボーナスを注ぎ込んだものでした。

せっかく一歩を踏み出せたのなら、一気にではなく少しずつ行っていれば良かったのにと残念に思いました。

ということで、本日のテーマは【数を重ねれば正確な確率に近づく】です。

一発勝負はまさかの場合もあり得る

投資の話をする時に「昔してみたけど今は辞めた」という人に会う事が度々あります。

そういった人たちは以前に投資で失敗して、恐怖感を持っている人がほとんどですが、話を聞くと“一発勝負”をしていた場合が多いです。

一発勝負は当たれば大きいですが、まさかのハズレに当たってしまう可能性もあります。

仮に99%大丈夫な投資でも、その一発が1%に当たってしまえば大損してしまいます。

せっかく良い投資なのに、その1%に当たってしまったせいで印象は悪くなり、再投資はしようとは思わなくなりますよね。

一発勝負で失敗すると、本来は得するチャンスも逃してしまう事になりかねません。

一発勝負をせずに、10回、100回、1000回と回数を分散していれば損失は小さく出来ます。

「分散してしまえば利益も小さいからつまらない」と言われますが、確かに最初はそうかも知れません。

しかし、数をこなして勝率が把握できてくれば、あとは投入資金を変えることで利益はコントロールできます。

大数の法則で精度は上がる

なぜ勝率が把握できれば、利益もコントロール出来るのか。

例えば、勝てば2倍で負ければ0になるゲームがあるとします。

最初は不安なので100円で勝負します。

最初は買っても100円の利益で面白みに欠けますが、100回やった結果から勝率が8割だとします。

その後に10万ずつの勝負を100回やったとすると、80万の勝ちと20万の負けで差し引き60万の利益になります。

勝率さえわかれば、あとは目標に届くように計算して資金を投じれば良いだけです。

上記の説明は単純化したものですが投資はもっと複雑なので、より細かいリスクとリターンのコントロールが可能になるのです。

早くから始めれば、少資金でも回数を増やせる

大数の法則では10より100、100より1000の方が、より正確な勝率に近づいていきます。

もちろん創意工夫をすることによって、勝率の変動も出てくると思います。

そういった全ての情報や経験を計算して、自分のスキルを育てていくのです。

しかし、ただ計算していれば良いのかというと、そういう訳ではなく実践する事が大切な要素になります。

どんなに机上の数値で高確率が出ていても、実践では色々と計算通りにはいかないものです。

そういった点に慣れるためにも、早くから少しずつでも経験をしていくと良いでしょう。

最初は利益も少なく遠回りに見えても、結局はそれが一番の近道になるのです。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

怖い・面倒。だからこそ人との差が出てくる

怖い・面倒。だからこそ人との差が出てくる

みなさま、こんにちは。DSKです。

投資をしていない知人や友人と話をしていると「投資って危ないんじゃない?」とか「なんか面倒そうだし」という答えが返ってくることがあります。

もちろん自身の自由なので強制はしないですが、この間にもやっている人とやっていない人の間では差が出ている事は知っておくと良いと思います。

ということで、本日のテーマは【怖い・面倒。だからこそ人との差が出てくる】です。

まだまだ投資には消極的な日本

資の良さを理解して、早く始める方が良いと思っていても、なかなか始められない人もいます。

そういった人の話を聞いていると「面倒」という答えが返ってくることがあります。

また日本では、まだまだリスクや詐欺のイメージが強く「投資=危険・怖い」と思っている人が多くいます。

確かに投資にはリスクがつきものですし、リスクを負って始めようと思っても口座を開いたり書類を揃えたりと面倒なことがあるのも事実です。

初心者は初めは怖いかもしれません。

その上、慣れない用語や商品を勉強しながら理解していくのは大変です。

「怖い・面倒」だと感じるのも無理はありません。

ですが、面倒なものほど早めにやっておくほうが良いでしょう。

面倒ごとは後々効いてくる

投資以外でもそうですが「面倒」なものほど、将来的に効いてくるものは沢山あります。

面倒でも特定の資格を取っておけば、老後の再就職の難易度が下がったり、コツコツ続けた趣味が仕事になったりします。

怖くても試しにやってみるだけで見方が変わるものも多くあるでしょう。

投資も同じで、老後間近になって投資を行っても難易度が上がるだけで、しわ寄せは自分に来ます。

よほどの稼ぎがある人でなければ、これから投資が不可欠になる時代です。

その中で、面倒ごとを率先して始めた人が後々に楽を出来るようになるのです。

投資は危険と思っている人がいる間はチャンス

「もっと皆がやりだしたら始めよう」と考える人もいると思います。

保守的な日本で投資が完全に受け入れられるようになるには、数年、数十年かかるかもしれません。

世の中で当たり前になった頃に始めるのでは手遅れになるかも知れません。

逆に怖いからと行動していない人が多い今の状況はチャンスです。

今のうちに小額でも始めておけば、いざという時に怖さも楽しさも理解できているので、フットワークが軽くなります。

少しでもコツコツやっていればスキルも貯まるので、当たり前の時が来た時の基本スキルにも差が出ます。

その結果として、行動した人としていない人では資産にも大きな違いが出てくるのです。

大きいリスクを取る必要はありませんが、今のうちから少しずつ投資を生活に馴染ませていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

他人と比較しない「非地位財」の重要性

他人と比較しない「非地位財」の重要性

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、お客様から「収入はあるのに、近隣の人に合わせてしまって自分に使う分が少ない」という話を聞きました。

こういった富裕層なのに余裕のない人が増えています。

せっかくの高所得を自分に使えないともったいないですよね。

ということで、本日のテーマは【他人と比較しない「非地位財」の重要性】です。

富裕層の生活苦が増えている

年収1000万超えにもかかわらず、生活が苦しい世帯が増えています。

年収が1000万もあれば、生活が苦しくなることなど無さそうですが、実はそのくらいの年収の人には意外と多くいるのです。

特に周りの収入が高い環境だと、よりその傾向が出やすくなります。

中には高級住宅街に住み始めたことによって、借金まみれになる人も出てきます。

ではなぜ、高所得なのにそんなことになるのでしょうか。

それは「地位財」を求めてしまうからです。

「地位財」を求めすぎると身を滅ぼす

「地位財」とは、他と比較することによって価値が生まれるものになります。

例えば高級住宅や高級車、ブランド服やワインなどの嗜好品など、所持していることがステータスとなるもの。

また、結婚や勤務先、年収など他人と比較してステータス性を持つものも地位財と言えます。

地位財は個人の成長やモチベーションの向上、取得による達成感など、得られるものが多くあります。

しかし、人の欲求には限りがありません。

そういった点で、地位財は長期的な幸福感の維持というものは難しくなります。

長期的な幸福感のために「非地位財」を重視する

幸福感を維持するためには、他人と比較しない「非地位財」を重視することが大切になってきます。

「非地位財」とは、人との絆や家族の愛情、健康な体や安全な生活、趣味に費やす自由な時間など、それがあるだけで喜びを得ることが出来るものです。

非地位財は他人と比較、競争することがないので幸福感を維持しやすくなります。

もちろん、最低限必要な地位財もあるでしょう。

ただ、あくまで自分の幸福感のために必要な物であって、人から羨ましがられるためではありません。

必要な分が揃ったら、非地位財を重視して幸福感を高めていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.