コロナショックの今だからこそ

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、お客様から「コロナの影響で景気が悪くなってるけど、投資を始めても大丈夫ですか?」と相談されました。

世間では投資家が悲鳴を上げていますが、始めるには良い機会と言えるでしょう。

ということで、本日のテーマは【コロナショックの今だからこそ】です。

コロナウィルスで債券買いが増加

今、世界中で騒動となっているコロナウィルスですが、経済にも大きな影響を与えています。

NYダウではリーマンショック以来の大幅下落が起き、多くの投資家が安全資産と言われる米国債権や金の買いに走りました。

昔は「有事の際の円買い」だったのですが、最近では円の魅力も薄れて来ているので、有事の際には、経済の中心であるアメリカドルや現物資産である金を買う人が増えています。

さらに「ここまで下がったら売るといった」AIやプログラムの影響も加わって、現在は実際の価値よりも大きく下がっていると言えるでしょう。

まだまだ収束しそうにない状態で、投資家の警戒ムードも続くでしょう。

しばらくは株式市場や企業にとっては耐える時期が続きそうです。

不景気こそ投資の始め時

中国経済をはじめ、経済に打撃を与えているコロナショックですが、リーマンショックやブラックマンデーなどでも市場は回復しているので、今の混乱も次第に落ち着いてはいくでしょう。

そういった局面で投資を行った人は、市場が回復すると共に大きく資産を増やしています。

歴史を振り返ってみても、強い不景気から戻るときほど資産増加も激しくなります。

仮想通貨など、景気が良い時に投資を始める人は多いですが、そういった時は高値を掴みやすい時期でもあります。

安く買って高く売るのが投資の基本です。

多くの人が投資をしたがらないことで価値よりも価格が安くなる。

そういった不景気だからこそのメリットもあるのです。

いかに感情を切り離せるか

市場が回復したら資産が増えるといっても、いつ回復するのか分からない状態で投資を行うのは怖いですよね。

端から見てれば言えますが、当事者になると分かっていても動けないことは多々あります。

投資で一番難しいのは感情のコントロールとも言われています。

人の意思は弱いもので、強気な人でも簡単に弱気になってしまいます。

そこで積立など、強制的な仕組みを作る事が大切になります。

積立は定期的に定額が投資されていきます。

それこそ、不景気でも関係なく投資することになります。

もちろん、運用者は必死に選定をしていると思いますが、私たちはいつも通りに生活していれば良いのです。

自分の意思とは関係なく、淡々と投資ができる。

これは積立の大きなメリットです。

そうして淡々と積み立てた資産が、市場の回復とともに資産が大きくなっていきます。

その時にしっかり増加させるためにも、気持ちに左右されない積立などで堅実に買い増しをしておくと良いでしょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

お金の計画は順番が大切

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、お客様から「お金を増やすにはどうしたら良いですか?」と相談があったので、「どれくらいあれば良いんですか」と聞くと「分からないけど、出来るだけ」という返答を頂きました。

お金を増やしたい気持ちは分かりますが、計画がないと頓挫しかねません。

まずは計画を立てるところから始めていきましょう。

ということで、本日のテーマは【お金の計画は順番が大切】です。

資産形成にも王道の順番がある

老後資金2000万問題があってから、資産形成に積極的になった人が増えました。

しかし、目的や目標がなく「とりあえずお金を増やしたい」というところから始めているケースが多くあります。

資産設計をするためには順番があります。

1、どんな生活をしたいか

2、そのために必要な資金はどれくらいか

3、いつまでに資産を作るか

4、今の資産をどんな配分にしていくか

5、銘柄や手法、タイミングを調査する

この順番で行うことで、資産や年数を視覚化し進捗状況を確認する事ができます。

進捗が分かる事で判断もしやすくなりますし、軌道修正もしやすくなります。

本来はこの流れが必要ですが、間違った順番で始めようとしている人が多い様に感じます。

投資にも目標を作る

順番を間違えると言っても、人によってパターンがあります。

人それぞれありますが特に、多いものに手法や銘柄などから入るパターンがあります。

そういった人は、必要な資金やいつまでに作ると言った目標が抜けている人が多いです。

目標を考え、期限を作ることによって必然的に配分や手法は決まってきます。

投資のリスクとリターンは比例しています。

老後の生活費を作る投資であれば、比較的ローリスクを選ぶ事になると思いますが、期限が65才なのか75才なのか、それか早めに55才なのかによって必要なリスクは変わってきます。

逆に、来年までに倍にしたいというのであれば、FXでレバレッジをかけたり株の信用取引をするなど、ハイリスクで行う必要があります。

投資を行う上では、ゴールとリミットを明確にしていく事が大切です。

ゴールから逆算したらあとはやるだけ

ゴールとリミットが明確になったら、あとはそれに合わせて決めていきます。

60歳で資産5000万をつくる。

それには今の預金や収入をどう配分していくか。どれくらいの利率なら達成できるのか。を組み合わせて判断していきます。

決めて始めたら、定期的に進捗を確認しながら続けていくだけです。

目的や目標がなければ、何を選んで良いかの判断基準もありませんし、このまま続けて大丈夫なのかという不安も付きまといます。

それでは良い投資はできません。

誰も損しようと思って投資はしていないと思います。

順番を意識して、良い投資を行なっていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

投資は投資、保険は保険

みなさま、こんにちは。DSKです

先日、お客様から個人年金保険について「どの会社が良いのか」ご相談をいただきました。

お金を増やしたいと思っているのなら、どこにも入らないことをお勧めしました。

増やすのと守るの一緒に行うとどっちつかずになります。

ということで、本日のテーマは【投資は投資、保険は保険】です。

貯蓄よりはマシだから保険に入る

老後2000万問題があり、多くの人が将来への資産形成を始めました。

その中で将来資金のために、個人年金保険を検討している人もいると思います。

自分で投資を行うのは怖いけど、銀行にお金を預けていても全然増えない。

それなら万が一の保障も付いているし、銀行よりは増える個人年金保険を選択することになるでしょう。

貯蓄もなく生活が赤字の人も多いこの時代に、堅実に資産を増やそうと行動することは素晴らしいことです。

ですが、資産を増やそうと思っているのならば、個人年金保険はお勧めしません。

その理由は、個人年金保険は運用に回る量が少なくなるからです。

保険で運用はロスが大きい

本来保険とは、最低限の金額で万が一に備えるためのものです。

そのため保険以外のことを求めると、その分の保険料を支払う必要があります。

これは個人年金保険でも同じことです。

個人年金保険は「掛け捨て死亡保障」と「運用」のセット商品です。

これを別々に行った場合と、セット商品にした場合どう違ってくるのか。

国内トップレベルの個人年金保険Bの例で言うと

35才男性、死亡保障1000万、60才まで毎月約2.8万円の積立

25年間で総支払額は840万

これが年平均3%で増えれば1000万、6%で増えれば約1530万の解約返戻金になります。

それに対して、掛け捨て保険と投資で分けた場合

毎月の保険料2000円×25年間で60万円

残りの2.6万を25年間運用すると

年3%なら1160万、6%なら1810万となります。

掛け捨ての保険分を差し引いて、その差額は100〜200万以上です。

同じ投資と保障でも、セットにするか別々にするかで、これだけの違いが出てくるのです。

守ることと増やすことを切り分ける

別々にやればその分得をするのに、なぜみんなやらないのか。

よく言われるのが「自分で運用なんて出来ない」というものです。

ですが、個人年金保険で唱っている利率くらいであれば、インデックス積立で出せる可能性は高いです。

同じくらいでやれるのであれば、投資効率は上がりますし、いざ必要となった際の流動性も違います。

投資や保険のタイミングや、保険の見直しの柔軟性も大きく違います。

少しだけ頑張って、効率的な資産形成を行なっていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

積立投資と不動産投資どちらを選ぶのが正解?

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、お客様とお話をしていて「積立と不動産どっちが良いですか」と言われました。

同じ投資と名がつくので優劣をつけたくなりますが、それぞれに特徴があるので一概には言えないでしょう。

ということで、本日のテーマは【積立投資と不動産投資どちらを選ぶのが正解?】です。

積立投資と不動産投資の違い

投資の話をしていると「積立と不動産、どっちが良いですか?」と聞かれることがあります。

両方とも投資が入っているので、やるならどちらかと思う方もいるかも知れません。

もちろん2つとも将来の為になるのですが、積立投資と不動産投資は性質が違います。

不動産投資は家賃収入や節税など、収入の柱を増やしてくれるので複業のイメージに近いと言えます。

同じ複業でも、労働量が比較的少なくて済むので、定年後など働けなくなった後の年金を作るという意味で、将来への投資にもなります。

積立投資は不動産の様に収入が増える訳ではありませんが、年数を重ねることで資産を増やすことができます。

そして増えた資産を運用しながら取り崩すことによって、将来の退職金や個人年金を作るといったイメージになります。

対立させるのではなく組み合わせる

では結局、積立投資と不動産投資どちらをやった方が良いかというと、結論としては「どちらもやった方が良い」です。

確かに両方とも将来に向けての投資になりますが、特徴が違うので上手く組み合わせる事でより効果的に資産形成が行えるからです。

不動産は現状の収入を増やすため、そこで手取りを増やす事ができます。

そこで浮いた分を積立投資に回していくことで、少ない負担で資産形成を加速させることが出来るのです。

どんな投資を行うか選択することも大切ですが、目的や目標に合わせて組み合わせることも大切です。

目的や目標に合わせて、出来ることを最大限行う

不動産投資と積立投資の様に、投資はどれか1つではなく掛け合わせる事も出来ます。

中期で大きい収益を狙うために株の個別銘柄を購入する、堅実に増やしていきたいものは積立投資を行う。

現在の収入を増やしたいから不動産投資を行い、牛なても良い資金でレバレッジをかけてFXを行うなど。

目的や目標などに合わせて、自分ができる投資を組み合わせて資産を増やしていけば良いのです。

 

「どの投資がいいか」「一番稼げるものは何か」などが議論になりたいですが、投資の特徴はそれぞれです。

その投資も、やり方や資産配分によって良くも悪くもなります。

出来ることを上手く掛け合わせて、効率的に資産形成を行っていきましょう。

外貨預金はぼったくり投資

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人から「銀行で外貨預金を勧められた」と相談を受けました。

友人はあまり海外に行く人でもないので、必要はないと伝えました。

外貨預金は預金ではなく投資なので、その辺りは気をつけたいですね。

ということで、本日のテーマは【外貨預金はぼったくり投資】です。

外貨預金は預金ではない

資産運用はしたいけど、投資は怖いから踏み出せない。

だけど、銀行に置いといても全然増えないし。

そんな人にオススメなのが外貨預金。

「外貨預金は外国の高い金利を得られ、さらに為替差益も狙える初心者向けの投資です」

と銀行は言いますが、正直お勧めできません。

海外に行くことが多く、わざわざ換金が面倒と言う人であれば価値はありますが、資産運用という点では価値はありません。

外貨預金はハイリスクローリターンのぼったくりな投資です。

外貨預金は劣化版FX

外貨預金は”預金”と名前がついていますが、FXとやっていることは大差ありません。

さらに言うとFXよりデメリットが多いので、FXと比べると劣っています。

外貨預金は為替による売買差益や、外貨との金利差による利益を狙うものです。

FXでも為替売買はもちろん、外貨との金利差は得られます。

しかし外貨預金はFXに比べ手数料が高くなっています。

また外貨預金は円高では利益を得られないのに対して、FXであれば円安円高どちらでも利益を得る方法があります。

それに流動性に関してもFXの方が高いですし、FXでは外貨預金にはないレバレッジもかける事ができます。

そして、誤解している人もいると思いますが、外貨預金では元本は保証されません。

これは為替の影響で損をした場合もそうですが、銀行が倒産した場合も保証はされないのです。

外貨預金よりFX会社の方が資産を守れる

銀行預金というと、預けたお金は守られるというイメージがあると思います。

確かに普通の銀行預金は、銀行が倒産したとしても1000万円までは保証されます。

しかし、外貨預金は”預金”とついていても保証の対象になりません。

逆にFX会社が倒産した場合には、信託保全という制度により顧客のお金は守られます。

安全性という点から見ても、実は外貨預金よりFXの方が高いのです。

外貨預金は「銀行」と「預金」という名前で安心させていますが、預金でも何でもなく、ただの割高な手数料で為替取引をさせる投資システムです。

銀行はお金のプロかもしれませんが、投資のプロでもなければ庶民の味方でもありません。

盲目的に銀行を信じていると、損をしてしまいます。

カモにされないように知識をつけていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

デイトレードは兼業投資家には厳しい

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人から「兼業で短期投資をするのは危険かな?」と相談されました。

年単位での短期ならば兼業でもやっていけると思いますが、デイトレードなどの超短期トレードは兼業では難しいと伝えました。

兼業でやるなら長期がおすすめです。

ということで、本日のテーマは【デイトレードは兼業投資家には厳しい】です。

デイトレは一般の人には向かない

投資と聞いて最初に思い浮かべることに「株式投資」という人も多いと思います。

テレビやネットで「株のデイトレで資産〇億」という紹介をされたりもしています。

確かに数年で100億以上稼いだ天才トレーダーいるので、「夢がある」と原資を貯めて挑戦する人はいます。

ですが一般の、特に兼業投資家にはおすすめ出来ません。

その理由は大きく2つあります。

勝ち負けが大きいことと、ストレス負担が大きいことです。

ごく一部の特別な人が大成功している

デイトレードは短期間で大きく稼げるので、原資の少ない人でも大金を手に入れることは可能です。

ですが、あくまで可能であって再現性が高いわけではありません。

稼げない人はあっという間に損をしてしまいます。

そして多くの場合、兼業デイトレーダーは専業投資家の養分になるのです。

リターンが大きい投資はリスクも大きいことを理解しておく必要があります。

また、デイトレードは常に神経をすり減らしながら行います。

普通の人はお金が絡むことによって、理論では正しくても感情によって冷静な判断が難しくなります。

「仕事中に値下がりしたら」「寝ている間に暴落したら」という不安を感じない様な人ならば可能かもしれませんが、そう考えられる人はごくわずかでしょう。

一般の兼業投資家はコツコツと

デイトレードで勝ち続けることは、一部の人を除きとても困難です。

それでも自分はやるという人を止める気はないですが、余裕資金で無理のない範囲での投資をお勧めします。

そして、私の様な一般の兼業投資家の方は、ある程度ゆるくやっていける、積立や不動産、高配当株などの投資がおすすめです

投資が好きで好きでたまらないという人は少なく、多くは本業もあるが少しでも運用して増やしていきたいという人が大半ではないでしょうか。

確かにデイトレードなどの短期投資は楽しいですし、夢があります。

しかし現実的な資産形成を考えるのであれば、長期に渡ってコツコツとした投資を行なっていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.