不動産もサブスクの時代がやってくる

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、数年前に引っ越しの手伝いをした友人から「今度そっちに異動になりそう」と連絡が来ました。

異動の話をしていると、ふいに「引っ越しがめんどくさい。貴重品だけ持って異動したい」と言っていたので、そういった賃貸サービスも増えてきてると説明すると驚いていました。

このまま住宅の概念も変わっていきそうですね。

ということで、本日のテーマは【不動産もサブスクの時代がやってくる】です。

いろんな会社が定額制サービスに力を入れている

「月額〇〇円で△△が使い放題」

最近は定額性の商品「サブスクリプション」が多くなってきました。

サブスクリプションはここ数年で一気に盛り上がってきました。

amazonプライムやNetflixなど、もう生活には欠かせないという人もいるのではないでしょうか。

消費者はどんなに利用しても定額なので安心して利用できるし、好きな物なら楽しくて仕方ないですよね。

企業も定期的に定額が入ってくるので、経営が安定するので助かります。

上手く噛み合ったサービスは両者にとって素敵なサービスです。

そんなサブスクリプション(以下サブスク)は不動産にも波及してきているのです。

引っ越し荷物はスーツケースでOK?

「不動産のサブスクって、もともと賃貸ってサブスクじゃないの?」

そう思う人もいると思います。

ですが、今までの賃貸は住居に住む権利にお金を払っているのに対し、今増えてきている不動産サブスクは、家賃や光熱費、Wi-Fiや家具家電などがセットの契約があります。

どんなに使っても定額なので、生活最低限の生活は定額で心配がなくなります。

金額が同等の部屋へは引っ越し自由なので、体1つで引っ越しが出来てるようになります。

1ヶ月単位などで契約が可能なので、急な転勤や気分で住む場所を気軽に変えることも可能です。

また家族構成やライフスタイルの変化に合わせても迅速に動けるので、その時々に最適な場所で生活が出来ます。

世界中を転々としながら生活する日が来る?

最近は政府の以降もあって働き方改革が進んでいます。

出勤を必要としないリモートワークや、ネットだけで仕事が出来るフリーランスなども増えてきました。

不動産サブスクは将来的には、同額なら“世界中どこでも”を考えているようです。

これらがもっと浸透することによって誰もが、自分の嗜好やその時々の気分で世界中を転々としながら仕事をする世の中になるかも知れません。

必要な時に必要な場所に住めるので、一か所に留まる“持ち家”を買うメリットはどんどん下がっていくでしょう。

ローンを支払っての持ち家購入は今以上にリスクが高くなっていくでしょう。

それと同時に、サブスクが浸透すれば当然物件の需要も増えていき、サブスク用の投資不動産も増えていくでしょう。

まだ不動産サブスクは試行段階ですが、時代の流れをみながら柔軟に対応していきましょう。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村




PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.