保険を手放す勇気

みなさま、こんにちは。DSKです。

保険の見直しをしている時に、よく「大人なら保険に入る」と言う常識は根強いなと感じます。

年配の方から、散々保険は大事と言われてきているせいか、「保険を減らすことへの不安」を感じる人がまだまだ多いですね。

ということで、本日のテーマは【保険を手放す勇気】です。

保険を見直しても大して下がらない

最近は保険料の見直しをする人が増えて来ました。

そこでネットでの比較や、保険の窓口などの代理店に行く人もいると思います。

同じ内容で金額を比較するならばそれで良いと思いますが、保険料を節約したいと考えているとしたら、あまり効果は期待できないでしょう。

よく保険は高いと言われますが、保険内容で考えたら決して高いわけではありません。

本当に必要としているのであれば「この金額でその保障が出るのは安いな。」と感じるものもあります。

ネットでは、ただ「保険の見直しをすれば安くなる」と誇張して言っている場合がありますが、保険料を節約するために必要なのは「保険内容の削減」です。

保険に入ったら一人前?

保険の見直しの相談を受けている時に「それだけで大丈夫なんですか」と言われる事があります。

その時逆に「どう思いますか」と聞くと「少し不安です」と言われることもあります。

今でこそ保険を節約する人が増えましたが、数年前までは社会に出ると「ちゃんと保険には入っているのか」という質問を上司や親族などから言われました。

まるで保険に入っている事が”一人前の大人”かの様な扱いでした。

そういった風潮は根深く、保険を減らすことに不安を感じる人はまだ多いです。

ですが、この”不安”は常識によって作られたものです。

常識は上の世代の価値観の押しつけが多くあります。

保険料の節約には、こう言った押しつけられた保険の価値観を捨てる事が大切です。

保険はなくせるのが理想

ではどれくらいの保険を手放すと良いのか。

理想で言えば、生命保険に関しては「全て」です。

本来、保険は万が一の際に生活が破綻しないためのものです。

生活防衛資金があり、今後も資産形成を行えるのであれば保険はなくとも問題ありません。

しかし、みながそういう訳でもないので、個々人の状況によって最低限は必要でしょう。

貯蓄もなく生活費もギリギリで、病気になったら生活ができない場合には、最低額の医療保険や損失保障のがん保険などが良いでしょう。  

また子供が小さく収入が片働きなどの場合には、掛け捨ての収入保障があると良いと思います。

ですが、これらは防衛資金ができるための一時的なものです。

勇気を出して最低限の保障内容にし、浮いた分で本当に安心できる土台を作っていきましょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

まずは格安SIMで固定費削減

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人のスマホ料金を見直ししました。

知人は「よく分からないから面倒」と言っていましたが、意外と簡単に出来たことに驚いていました。

月額も5000円以上変わり、もっと早くやっておけば良かったと後悔していました。

ということで、本日のテーマは【まずは格安SIMで固定費削減】です。

もはや車より高い通信費

人生の3大支出と言うと昔は、家・車・保険でしたが、最近は家・保険・通信費と言われるようになってきました。

今では1人に1台携帯やスマートフォンを持つ時代になりました。

通信容量も増え、月末にギガが足りないと困っている人も多いのではないでしょうか。

今やスマホがないと生活できないという人も多く、通信費も昔に比べて高くなっています。

しかし、同じく3大支出の家・保険は見直す人が多いが、通信費に関しては見直しをする人は少ない状況です。

ですが、スマホ代金は本来は最初に手をつけるべきのものです。

支払い期間で言えば家や保険よりも長く、今の時代は小学校から高齢者まで50〜60年は持つことになります。

これは非常にもったいないことです。

見直しをするといくら下がるのか

では、実際に見直しをするといくら安くなるのだろうか。

平均値で考えると、現在の大手キャリア利用者の平均月額が7000円を超えます。

対して、格安SIMの利用者の平均は3000円弱。

スマホ代金を見直すと、毎月固定費が4000円以上も安くなるのです。

これは平均値であって、もっと大きく変わる人もいるでしょう。

また当然あまり変化のない人もいると思いますが、これはガッカリするのではなく、最適なプランに入っていたと喜ぶべきでしょう。

また各社プランを出しているので、クレジットカードと同じように利用頻度の高い会社から出していれば、さらにお得になったり特典を受けられたりします。

小さなお金でも化ける

スマホ代の見直しをした方が良いのは分かったけど面倒臭い。

そういう人もいると思います。

確かに面倒は面倒です。

しかし、その少しの面倒を行うことで、将来多額の差が出ると知ったらどうでしょう。

例えば、月で4000円の削減ができたとします。

20代から70代まで50年間支払い続けると

4000×12ヶ月×50年=240万

毎月の金額は4000円でも総支払額には240万もの違いが出るのです。

さらにこの額を年利5%で運用に回していたら1000万を超えることになります。

支払っていた金額と合わせると1300万近くの差になります。

スマホ代金の差は単体では小さいものですが、半日からせいぜい1日を費やすだけで大きな差が生まれます。

面倒かも知れませんが、将来のために少しだけ労力を割いてみませんか。

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加




↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村

悪い習慣化している支出を削る

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、久しぶりに会った知人が「最近、夜の晩酌を辞めたおかげで貯金ができる」と言っていました。

知人は毎日お酒を飲む人でしたが、なんとなく習慣で飲んでしまっていたそうです。

晩酌を辞める事によって、月3万近くも支出が浮いたそうです。

いつも当たり前にやっている習慣を見直す事で、無駄な支出だと気づくこともあります。

ということで、本日のテーマは【悪い習慣化している支出を削る】です。

良い習慣を増やすと同時に悪い習慣も減らす

最近は「良い習慣を作りましょう」という話が多くあります。

良い習慣を作る事は、習慣によって自動で良い行動をする様になるので、豊かな人生にしていくのに効果的です。

そのために良い習慣を増やしている人もいると思いますが、同時に悪い習慣を減らしていくことも、良い習慣を増やすことと同様に大切です。

習慣は+のものだけでなく、ーのものもあります。

どんなに良い習慣を増やしても、悪い習慣が残っていると+ーであまり改善しなくなってしまいます。

家計の収支もその1つです。

悪い習慣とは思っていなくても、本来は不要なはずの支出を作っている悪い習慣もあるので、たまには見直しが必要でしょう。

習慣は当たり前の中にある

不要な支出を作っている習慣とはどんなものがあるのでしょうか。

例えば、毎朝カフェでコーヒーを買う習慣がある人で、実はノドが乾いていなかったり、既に飲み物を持っていても、とりあえず買っている

会社帰りに特に必要なものがあるわけでは無いが、とりあえず近くのスーパーやコンビニに入ってしまう。

また、自己投資として毎月メルマガや情報誌を購読しているとします。

それは良い習慣ですが、実はもうそのスキルは十分でも惰性で購読しているという場合もあります。

例え、毎日300円でも10年で100万以上。

月に30000円あるなら10年で360万です。

これらはたとえ話ですが、なんとなくで消費してしまっているものは無いでしょうか。

習慣の意味と価値を見直す

上記の様に例えを出すと「これは〇〇で必要」や「これは△△のためにやってる」と言われることがありますが、それはそれで構いません。

「なんでも切り詰めて節約しろ」という訳ではありませんし、自分が価値を感じているのなら、浪費であっても良いと思います。

その習慣自体の良し悪しを言っているのではなく、意味や価値が伴っていない習慣が悪い習慣になるのです。

習慣化を辞めると、最初は違和感で気持ち悪かったりもします。

ですが、それによって無駄な支出が増えるのであれば、意識的に辞める努力が必要です。

「いつもやっているから」と支出を続けるのはただの思考停止です。

どんな習慣があるのか、その意味や価値はあるのか。

たまには習慣も見直しをしてみましょう。

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村

自分らしい金銭感覚を考え直してみよう

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人と話をしていて「もう30代だから、まともな服を買わないといけない」と言っていました。

「別に欲しくなければ買わなくても良いんじゃないの?」と聞くと「年相応の恰好をしないといけないでしょ」と言われました。

その“いけない”は本当に必要なのでしょうか。

実はそう思わされているだけかも知れません。

ということで、本日のテーマは【自分らしい金銭感覚を考え直してみよう】です。

親や社会に染められている金銭感覚

同じ時代で生活していても、人それぞれ金銭感覚は違います。

高級な物にお金を使うのが好きな人もいれば、ひたすら貯めるのが好きな人もいます。

お金とは何かという問いにも「自由」だったり「怖い物」など様々です。

これらは自分で作ってきたようにも感じますが、多くは家庭や社会の影響を受けています。

特に家庭の影響は大きく、無意識に親の金銭感覚を継いでいる人は多くいます。

例えば親が車好きであれば、高い車を買ったり頻繁なメンテナンスなどは、素晴らしい使い道になるでしょう。

ただ、親がそうだからと言って、その感覚が自分にも合っているかは分かりません。

ですが子供にとって、基準は親になるので無意識に親の感覚に近づいていきます。

優等生を作りたがる社会

無意識に親の感覚を継いでいく人が多いのですが、親と自分とは時代も社会も違いますし、そもそも趣味や嗜好も違います。

親や社会の金銭感覚のままで過ごしていると、自分が本当に使いたいものにお金を使えず、実際よりも貧しく感じることも多くなります。

これは日本がガイドライン好きに寄る事も大きいでしょう。

日本では「これが正解でこれに近づけましょう」というのが好きです。

ただ、これは1つのパターンであり、正解という訳ではありません。

それに合わせ続けてしまうと、どんなにお金を使っても自分の欲求は満たされなかったり、欲求通りにお金を使う事に罪悪感を覚える様になります。

自分の金銭感覚で使うと充実する

これを自分らしい金銭感覚を認識することで、お金を使う目的や充実感が変化していきます。

もっとお金が欲しいと思う様になるかもしれませんし、逆にもっと収入を減らしても大丈夫になることもあります。

最近は老後2000万不足問題で、2000万を作るにはどうすれば良いかの質問も多くなってきましたが、本当に2000万で合っているのかから考える必要があります。

自分の金銭感覚や必要資金が分かってくれば、資産形成の目的や目標も明確になってきます。

目的や目標が明確になればモチベーションも上がり、同じ行動でも精神的な負担も下がります。

親や環境による“正解”はあくまで参考程度に留めて、自分らしい金銭感覚を再確認していきましょう。

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加


↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村

医療保険は払済と終身どちらにするべきか

みなさま、こんにちは。DSKです。

お客様と保険のお話をしている際に「医療保険は一生保険料を払っていくのは不安なので、払済を選択した方が良いですか」と質問をされることがあります。

人それぞれ考え方があるので、これが絶対というものはありませんが、多くの場合は終身をおすすめしています。

どういった理由なのか説明していきます。

という事で、本日のテーマは【医療保険は払済と終身どちらにするべきか】です。

医療保険の払込期間とは

近年の医療保険は保障が一生涯続く終身医療保険がメインとなっています。

保障が一生涯続く安心とともに、保険料も一生涯支払うという不安も同時に出てきます。

そんな不安を取り除くように、支払いの期限を決めている払済という方法があります。

例えば65才払済であれば、65才で支払いが終了すれば以後の保険料はかからないが一生涯の保障は続くというものです。

支払い期間が短いという事は、同じ保険料では保険会社が損をしてしまうので、払済期間を短く設定するほど月々の支払いは高額となります。

終身と払済どちらにするか

高額でも将来の支払いを無くすか、安く抑えて一生払うか。

多くの人が悩むポイントで相談も多くなります。

私は大抵の場合、終身をおすすめしています。

その理由は『将来は予想が出来ない』というものです。

保険に限らず、現状のシミュレーションはあったとしても、実際に将来はどうなっているかは誰にも分かりません。

医療の発展によって、現在長期化している病気もほとんど入院が必要無くなるかも知れません。

実際に昔の入院保障は長期入院を想定しているものが多かったですが、現在で長期入院というのは少なくなりました。

また昔は先進医療など無かった様に、将来は今の保険ではカバーできない治療技術や制度の変更があっても不思議ではありません。

そういった事を考えると、一定期間で保険を見直す必要があります。

いずれ保険を見直すのならば、今の保険料は低く抑える終身払いで良いと思います。

若いうちに浮いた保険料を有効に使う

それでも、やはり一生涯支払いをするのは怖いから払済が良いという人もいるでしょう。

将来に支払いできるか不安であれば、終身で低く抑えた分を使って若いうちに将来の備えを作ってみても良いと思います。

差額は月々数千円かも知れませんが、その余剰分があることは大きな違いです。

余裕が出来た分を投資に回して資産形成しても良いですし、書籍やスキルアップに使って収入を増やすのも良いでしょう。

余裕分で食事や運動の水準を上げて、老後の健康につなげようと考えるのも素敵です。

もちろん人それぞれ考え方はあるので、これが絶対ではありません。

ですが単に金額だけで考えずに、こういった判断基準を持ってみるのも良いのではないでしょうか。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村



節約するなら固定費を集中して一気に

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、実家に帰省した時に母が「最近節約始めたから、電気とかこまめに消してね」と言われました。

「固定費見直したら?」と、スマホ代や月会費、保険料などを簡単に見直して試算を出してみました。

すると「これだけで先月以上の節約になってる」とショックを受けていました。

ということで、本日のテーマは【節約するなら固定費を集中して一気に】です。

流動費の節約は割に合わない

私は仕事柄、お客様や知人などから「良い節約法はないか」と聞かれることがあります。

そんな時は基本的に「固定費の見直し」を提案することが多いです。

そして、よほど浪費をしていない限りあまり流動費については細かく言いません。

すると「でも生活費を削らないと節約にならないのでは」と言われることもあります。

しかし、お話を聞いている限り“別に贅沢はしていない”人が大半です。

確かに、流動費は節約している感もありますし、短期的には効果が出やすくなります。

ただ、節約感があるという事は頑張る必要がありますし、我慢や労力の割に効果が少ないので継続が難しくなります。

こまめに電気を消したり使わない時にコンセントを抜いたり、お風呂の追い炊きをしないように時間帯を合わせたり、食費を抑えて安い食材ばかりにしたり。

別に流動費を節約すること自体が悪い事ではありません。

ただ、自分の時給以下の金額なら、節約せずにその分働いた方が裕福になります。

固定費を見直せば1回で済む

そういった意味で、固定費の見直しはとても効果の高い方法になります。

例えば、電気代のワット数を見直したり、使っていない月会費を見直す。

スマホに無駄なオプションがついていないか、データ容量は適正か。

自宅の光回線は引っ越しの時に何となく契約したやつだったり。

自動車保険や生命保険を過剰にかけていないか。

これらを改善するだけで月に数千から数万変わります。

少し面倒ですが住宅ローンの金利を見直せば、それだけで月に数万変わる事もあります。

最初は面倒ですが、1回やってしまえば後は何もしなくても勝手に節約は続きます。

最初だけ集中して一気にやってしまいましょう。

知識があれば節約も上手くいく

固定費を見直せば少ない労力で高い効果が得られます。

「そうは言っても面倒くさくて」という人もいると思います。

確かにローン金利や生命保険など難しいものもありますよね。

スマホの契約内容も面倒だったりします。

ですが、ローン金利や生命保険、スマホ代金などは人生の3大支出と言われています。

選び先によっては人生で数百万~数千万の違いが出ます。

それを面倒だと思考停止するのは搾取してくれと言っているようなものです。

専門家にならずとも、少し知識をつければ無駄な支出を抑えることが出来ます。

短期間だけでも集中して学び、効果の高い節約をしていきましょう。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村




PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.