自動車の車両保険は必要ない

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人から新しく車を購入するというので、自動車保険について話をしていました。

その際に、車両保険は不要だから外そうと伝えると「万が一事故になったらどうするの?」と聞かれました。

「安い中古車を買えば良い」というのが私の答えでした。

今回は、保険の本質や車を買うことの意味を考えてみます。

ということで、本日のテーマは【自動車保険の車両保険は必要ない】です。

車両保険は高額商品

自動車を購入すると加入を考える任意保険

大きく「対人・対物」と「車両保険」があります。

そのうち、「車両保険」に必要性はありません。

車両保険は高額で、車種や設定価格などによって年間で10万以上の場合もあり、数年たてば保険料だけでもう一台買えてしまいます。

また支払われる保険金は”時価”となるので、年数が経つにつれて設定できる保険金は減っていきます。

さらに保険を利用すると等級が下がり、次回からの保険料が上がります。

そのため、軽度の修理であれば自腹で支払った方が結局安上がりになる事が多いです。

それならばその分を貯蓄し、修理費や次回の購入費用に充てた方が良いでしょう。

車両保険は保険の本質から外れている

また車両保険が不要な理由として、保険の本質から外れている事があります。

車両保険を不要と伝えると、多くは「それで万が一があったらどうするんだ」と言われます。

ですが保険の本質は「万が一の時に生活が破綻しない」ためです。

仮に万が一があっても、軽度の修理なら生活が破綻する金額にはなりません。

車を購入する際には、軽度の修理費は支払える程度の余裕を残して選択する必要があります。

仮に大きい事故で買い替えが必要なったとしても、安い中古車なら数十万で乗り出しができます。

この時に新車や高級車を求めることは「浪費」であり、そのための保険に入ることは本質から外れることになります。

浪費で車を所有するのであるならば、それは保険に入らずともやっていける余裕を残しておくのが必要があるでしょう。

必要経費ならより堅実にする必要がある

「でも、うちは田舎だし車がないと生きていけない。金銭的に余裕がないから高い車でもない。それで事故をしたら生活が難しくなる」

という人もいるでしょう。

これには対しては、不便にはなるが本当に生活が成り立たないほどではない場合が多くあります。

もし本当にすごく田舎で、経済的に厳しいが車がないと生活ができないとしたら、それは家賃や食費などの様に生活防衛資金を貯めておく必要があります。

医療保険などでもそうですが、万が一があった時のために全て保険で補うというのは、安心という高額商品をローンで購入しているのと同じです。

保険ギャンブルに高額を支払うのならば、その分を早め早めに貯蓄や投資をした方が用途の融通も効きますし安定します。

生活防衛と浪費の補いの区別をつけて、無駄な支出を無くしていきましょう。

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加




↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村

“貯蓄は美徳”は政府のためだった


みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、飲みに行った時に知人が「何で日本人はお金を貯め込むんだろうね?回した方が良いのに」と言っていました。

日本人の貯蓄意識は強いですが、これは明治時代からの洗脳があるのでなかなか抜けづらいかも知れませんね。

ということで、本日のテーマは【”貯蓄は美徳”は政府のためだった】です。

政府の財源確保のために造られた思想

日本人は貯蓄が好きな国民性です。

ですが、元々そうだったのかと言うと、そうではありません。

「江戸っ子は宵越しの金は持たない」と言う様に、こそこそお金をため込むのは粋じゃないと言う考えがありました。

貯蓄が美徳とされたのは明治以降、富国強兵の資金のためや戦争後の配線処理、国が行う事業の財源として貯蓄を推奨したのです。

それが日本人の「何かの時のために」と言う保険思考と合わさって、日本人は貯蓄好きになったといえます。

洗脳のために高金利を出していたが現在は

明治や昭和時代には、100年定期預金やゆうちょのスーパー定期など、預金をさせるための高金利預金がありました。

そのため、多くの人にとって「貯蓄は良い」と言うイメージがつきましたが、現在は公的年金が当てにならなくなり、そのための貯蓄も金利の低さから良い手段では無くなりました。

また、貯蓄ではインフラへの対処が出来ません。

明治時代の100年定期は100年で数百倍や1万倍になると言った商品が出されていました。

しかし、当時のお金で1銭や1円の元本。

100年経っても数円〜数千円と言った金額にしかなりませんでした。

どんなに利率が良くても超長期でインフレ対応していないとこう言った結果になります。

どうせなら、その時々の時価に沿って増えていくものが望ましいですね。

時代はリスクをとって高い収益を得る

それに貯蓄ばかりが進むと、お金の回りが悪くなり経済が停滞します。

将来の安心のためにリスクを避けて貯め込むことで、将来をより大変にしてしまいます。

これからはリスクをとって、収益性を求める必要がある時代です。

これは仕事でも人生でもそうでしょう。

リスクを取らなければより良い結果は生まれません。

政府もそれを分かっているので「貯蓄から投資へ」を推奨していますが、自身の行った「貯蓄洗脳」は強力で世間のイメージはあまり変わっていません。

「貯蓄は美徳」

これは政府によって作られた思想だと言うことを認識し、その上で今本当に必要な事は何か。

改めて考えて行動していく事が大切でしょう。

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村

お金の管理出来てますか?銀行口座を分けて資産管理をしよう

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人から「お金の管理が出来ないんだけど、どうしたら良い?」と聞かれたので、まずは銀行口座を分けたらどうかと提案しました。

資産形成にお金の管理は不可欠です。

意思の力では難しいので、システム化して管理してしまうのも方法です。

ということで、本日のテーマは【お金の管理出来てますか?銀行口座を分けて資産管理をしよう】です。

お金の管理に銀行口座を分ける

資産形成を考えてはいるが、気づくとお金が無くなっていたり、思っていたほど貯まっていないなど、お金の管理が苦手な人もいると思います。

そういった人は、お金の使用用途ごとに銀行口座を複数持つことをおすすめします。

口座を分けることによって、お金の使い道が分かりやすくなります。

また通帳やWEB履歴などが残るため、貯蓄や投資など増え方も見えるので、モチベーションも上がりやすくなります。

家計簿でも良いのですが、貯蓄や投資などは把握しにくく、大まかな資産の把握には口座の方が楽でしょう。

では、資産管理のために複数口座を作るとして、いくつ作れば良いのか。

出来れば生活・貯める・生活防衛・投資・浪費の5つです。

口座の用途説明

この5つの口座をそれぞれ説明すると

まずは生活口座です。

家賃やカードの引き落とし、給料の振込先など日常生活で使われる資金の口座です。

次の貯める口座は、車購入や教育費、リフォームなど使用用途を決めて貯めていく口座です。

3つ目の生活防衛口座は、仕事が無くなったり大きい病気にかかったりなど、万が一の時の保障となる口座です。

個人の感覚にもよりますが、生活費の3ヶ月~12ヶ月分ほどが良いでしょう。

この口座は安心剤となる口座なので、本当に困ったとき以外は絶対に手を付けない意識が大切です。

次が増やす口座です。

増やす口座=証券用口座と思われやすいのですが、スキルアップなどの自己投資用としても使いたいので、収入を増やすための口座と思ってもらえれば良いと思います

最後が浪費口座です。

浪費口座を作る事で、生活費まで手を付ける事が無くなりますし、

最終的には管理できればどんな形でも問題ない

以上5つを挙げましたが、これは別に自分が使い易い様にカスタムしてもらって構いません。

私は現在3つの銀行に落ち着きましたが、管理できるなら1でも10でも良いと思います。

(もちろん、あまりにも多すぎて管理自体出来なくなってしまっては意味がありませんが)

最終的には、各々が一番管理しやすい形を作っていく事が望ましいです。

5つもあって最初は大変かもしれませんが、管理の習慣がつけば後々には楽になります。

資産管理の習慣を身に付けて、お金の増える体質を作っていきましょう。

 

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村

予算をたてても貯まらない人の特徴

みなさま、こんにちは。DSKです。

友人に貯蓄計画を立てては途中で挫折を繰り返している人がいました。

話を聞いてみると、貯まらない人の特徴に当てはまっていたので、説明し一緒に計画を立てました。

今のところ問題なく続いているようで嬉しいです。

という事で、本日のテーマは【予算をたてても貯まらない人の特徴】です。

計画は立てるが挫折する

欲しいものがあったり、使う予定があったり、老後の不安など、様々な理由で貯蓄をしている人がいます。

ですが中には、やろうと思うけど結局できなかったという人もいます。

私も友人などから「予算はたてたことがあるけど、途中で挫折しちゃった」と言われることがあります。

挫折した人の話を聞いていると「自分の意思が弱いからだ」と言う人もいます。

ですが、印象的には真面目な人の方が多いように感じます。

ただやり方を間違えているだけなので、あまり自分を責めないであげましょう。

挫折してしまう人は計画と最初でミスしている

貯蓄が続けられないという人たちの話で、まず気になるのが“目標が厳しい”と言う事です。

逆に言えば、必要予算の見立てが甘いのです。

「この予算だと生活が大変だな」と思う目標が多く、短期的には頑張れても継続は難しくなります。

この場合、必要支出をちゃんと把握していないことが多いので、家計簿をつけ支出を把握することから始めましょう。

自分の適切な予算が分かったら、今度は仕組みを作ります。

これは自動的に貯蓄をする仕組みです。

例えば定期預金を契約したり、貯蓄用の口座に自動振込で分けてしまうのも良いでしょう。

人は決断するのに力を使います。

例えそれが「今月も同じだけ貯蓄しよう」というものでも、そこに「貯蓄しない」という選択肢が残されている場合、決断をしなければならないので労力を使います。

自動化することで無駄なエネルギーを使わないことで継続がしやすくなるのです。

特別じゃなくなる事が一番大切

適切な予算と自動化する仕組みが出来ました。

これによって、時がたてば勝手に貯蓄が成功しています。

ですが、目標を達成したとしてもそこで終わりにしないで欲しいです。

話を聞いていて思った事ですが、貯められない人の多くが「何かないとやらない」のです。

計画をたてる時って生活が厳しい時や、まとまったお金が必要な時が多くないですか。

お金に余裕がある時にわざわざ予算修正したり、仕組みを見直したりする人って少ないのです。

これはダイエットや筋トレと似ているのですが、例えば夏に向けて頑張って、夏が終わったら止めてしまう。

そしてリバウンドしてしまい、来年にまた頑張る。

その繰り返しは大変です。

緊急性が低い時にも習慣を付けておくことで、頑張らずに自然に出来るようになります。

「特別じゃない」「いつも通り」になるように、お金の体質改善をしていきましょう。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村



収入増=生活水準向上ではいつまで経っても貯まらない

みなさま、こんにちは。DSKです。

友人と話をしていると「貯蓄が出来ないんだけど、どうしたら良い」と聞かれることがあります。

大抵の人に共通しているのが“生活水準を上げるのが早すぎる”と言う事です。

給料が上がったら、上がった分だけ消費していたら当然貯蓄は出来ません。

という事で、本日のテーマは【収入増=生活水準向上ではいつまで経っても貯まらない】です。

何も考えないと収入=支出になる

私の友人に大手に勤めていて、収入も悪くないのに貯蓄が増えない人がいます。

本人は贅沢をしているつもりは無いのですが、気づくと毎月残りが少なくなっているそうです。

現在の家計簿を付けてもらって、それと昔の生活を思い出して比べてもらうと、食費や交際費、生活消耗品など細かい買い物の質が上がっていました。

友人の様に収入が増えたら増えた分だけ、知らず知らずに生活水準が上がっている人が多くいます。

これは「人はあるだけ使ってしまう」という習性が働いているからで、当然と言えば当然なのです。

これを無くすには“生活水準を決めてしまう”事が大切です。

使えるお金の上限をあらかじめ設けてしまうのです。

収入増額ー貯蓄=支出増額の形を作る

上限をあらかじめ設ける方法で一番身近なのが「予算をたてる」です。

現状でお金が貯まらないのであれば、いくら貯めたいかを考えて予算を設定します。

それに合わせた生活水準をすることによって、「収入ー貯蓄=支出」の生活を作ります。

最初は大変ですが、慣れてくれば当たり前になるので大丈夫です。

もともと全部使う必要がなかった場合が多いのですから。

その後、昇給などで収入が増えた場合は「収入増額ー貯蓄=支出増額」の形をとります。

この時の割合として、収入10に対して貯蓄2なら同じ比率を増額分にも適用します。

これを繰り返すことで、収入が上がっても貯蓄や支出の割合を変えずに、常に貯蓄を作る形が出来ます。

貯蓄分は基本は手取りの2割ほどがおすすめですが、各自の生活状況や支出動向に合わせて無理のない計画をたてましょう。

収入増なのに支出を増やさないのも問題がある

収入ー貯蓄=支出の形が出来て、お金が貯まっていく事が面白くなってくると、収入増額=貯蓄にする人がいます。

ですが、この方法はあまりおすすめ出来ません。

使えるお金が変わらないという事は、自己投資に充てる金額も変わらないので、成長を止めてしまう危険性があります。

成長が止まれば収入の増え方も遅くなり、いつまでも収入が停滞する事にもなります。

最初は貯蓄のペースが上がるので楽しいかもしれませんが、いつまでも使える金額が増えなくないので、徐々にモチベーションが下がってしまいます。

将来やもしもに備えることは大切ですが、同じ様に今を充実させることも大切です。

消費や貯蓄、投資など割り振りを決めて、バランスよく全てを増やしていきましょう。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村



保障と貯蓄の合わせ技。養老保険は入るべきか?

保障と貯蓄の合わせ技。養老保険は入るべきか?

みなさま、こんにちは。DSKです。

現在、老後の親御さんがいる方は「養老保険」という保険をお勧めされたことがあるのではないでしょうか。

私も親から「掛け捨てはもったいない。養老保険に入れば?」と言われたことがあります。

保障と貯蓄を同時に行える養老保険は入った方が良いのでしょうか。

ということで、本日のテーマは【保障と貯蓄の合わせ技。養老保険は入るべきか?】です。

養老保険は貯蓄も出来る保険

養老保険は生命保険ですので、死亡や高度障害をした場合には保険金が受け取れます。

また、満期まで生存していた場合は死亡保障と同じだけの満期給付金が受け取れます。

満期まで生存していても亡くなっても、どちらにせよ保険金を受け取れるため、貯蓄しながら保障も掛けたいという良いとこ取りな保険です。

現状は中途半端。でも法人なら有

保障も貯蓄も出来る養老保険ですが、現在はあまり人気がありません。

バブルの頃などは、支払い保険料に対して受取保険金が高額だったので、貯蓄性が高いと言われていました。

ですが現状では、支払い保険料と受取保険金にあまり差がなく中途半端という印象です。

その上両取りなため保険料が高く、最近では人気が落ちてしまいました。

また、有期なので期間が終わってしまえば他の保険に入りなおす必要も出てきます。

現在はあまりパッとしない養老保険ですが、法人であれば話が変わります。

養老保険の保険料は半分が損金として計上できるため、従業員の死亡退職や退職金への準備として利用するには効果的です。

貯蓄と保障は分けた方が効果は高い

法人であれば、養老保険は利用しやすく効果も期待できます。

しかし、個人であれば「保険会社にお金を預ける」位の気持ちであれば良いと思いますが、「増やそう」と考えているならば終身や定期にして、余剰金を投資に回した方がよほど増やせるでしょう。

色々考えるのも面倒だし、1つで「保険も貯蓄も行いたい」という人には向いているかも知れません。

どちらにせよ判断するのは自分自身ですが、何も知らずに入るのと知った上で入るのでは大違いです。

養老保険に限らず、内容を把握して判断していけるようになることが大切でしょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.