終身がん保険は一生涯の安心?

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人から保険の相談を受け見直しをしている時に「保険は終身にしておけば良いんだよね」と言われたので、がん保険は更新型を勧めました。

終身は一生お値段が変わりませんが、もし保険の適用ではなくなる事があるとしたら、それは安心でしょうか。

ということで、本日のテーマは【終身がん保険は一生涯の安心?】です。

医学の進歩は素晴らしい

保険に入る際に、月々の支払いが少ないので終身を選ぶという方は多いでしょう。

また、終身だから一生涯保険が続いて安心だからという人もいると思います。

医療保険やがん保険は、定期的に内容の見直しが必要です。

医療の発展は日進月歩で、数年経てば大きく変わる事もざらにあります。

特にがんに関しては、目覚ましい発展をしています。

がん保険が出始めた当初、がんは「死の病」でした。

今では初期段階では多くの命が助かりますし、ステージが進んでいても助かるケースも増えてきました。

ピロリ菌のように予防できる事も増えてきました。

医療に合わせて保険も変化が必要

医療が素晴らしい進歩をするとともに、新しい治療法や新薬がたくさん出てきます。

医療が進歩することは素晴らしいですが、新しいが故に今までの保険が適用されない場合も出て来ます。

がんが「死の病」だった頃は治療はあまり考えられておらず、生活費を補うための死亡保障や入院保障はメインでした。

仮にその契約のままであれば、先進医療や通院保障もなく保険として役に立ちません。

今後も医療の発展によっては治療方法などが変わっていくでしょう。

保険もその時々に合った内容に見直ししていく事が必要です。

終身も一度決めたら終わりではない

ガンではありませんが、今年の4月には白内障の手術が先進医療から外れ、選定療養という健康保険以上の治療は自費という扱いになります。

この白内障の手術は先進医療の中でも多く受けられていたものです。

先進医療から選定療養になる事で、先進医療特約を使えない人は得になりますが、先進医療特約が使える人からすると高くなります。

先進医療の多いがん治療も、同じ様に先進医療から自費診療扱いになる可能性も十分にあり得ます。

若いうちは高くても将来の金額が上がらず、保障は一生涯で安心だからと入った保険。

しかし数年に一度は見直しが必要で、足りない部分があれば特約をつけたり、保険自体を切り替えることになります。

いざ高齢者になった時には、全て健康保険で十分になっているかもしれません。

結局見直しが必要なら、始めから更新型にしてその時の分だけ支払い、浮いた分を将来に残していった方が、お金の効率は良いのではないでしょうか。

若いうちのお金は、お暗示金額でも老後の数倍の価値があります。

後悔しない保険選びをしていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

みんなで一緒に貧乏になろうという呪縛

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人と話をしている時に「副業とか頑張っても、同期より収入が多いのバレるとなぜか妬まれたりする」という話を聞きました。

日本人は協調するのが得意ですが、たまに悪い方でも協調させようとするので気をつけましょう。

ということで、本日のテーマは【みんなで一緒に貧乏になろうという呪縛】です。

日本人はみんな一緒が好き

日本では協調性を重視する風習があります。

ほとんどの日本人は、保育園や幼稚園の頃から周りとの協調性を求められます。

そのため海外の人達が驚くほど、規律が正しかったりします。

しかし協調性も度を超すと、ただの「同調圧力」になります。

同調圧力が高まると「良いこと」で人より優れていることも標的になります。

これはお金の問題にも共通しています。

悪い方に協調させようとする人もいる

世の中には、同僚が自分よりも貯金があることが許せなかったり、副業で稼いでいるのを許せない人がいます。

努力をやめさせようとしてきたり、無駄な支出を増やさせようとしてきたり、なんとか自分の水準に下げようとしてきます。

そんな人は稀だと感じるかもしれませんが、日本は社会としてそう言った風潮が強いです。

中には「自分も我慢しているのだから、平等に貧しさに耐えるべき」という考えの人もいます。

高度経済成長期であれば、それで良かったでしょう。

我慢して働いていれば裕福になれたのですから。

しかし、現代では努力した人が報われます。

悪い方に協調しても意味がありません。

ずるく良いことをしよう

悪い同調圧力の中にいて、上手く節約したり稼いだりすると「ずるい人間」という扱いを受けることもあるでしょう。

ですが、そう言った発言に囚われるのはマイナスでしかありません。

ちゃんと法律を守って行う「ずるい」事は、ただただ効率的で優秀な事です。

家計の削減や貯蓄・投資などを行って、しっかり資産形成をやっていきましょう。

みんなでマイナスに向かっても良いことはありません。

同調圧力に負けず、正しくずるい事をして豊かになっていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加




↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村

資産形成は忘れてください

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人の資産形成の相談に乗っていた時の事です。

「僕は飽き性だから、そんな何十年も続けられるか心配」と言われたので、「じゃあ、いっそ忘れよう」と話をしました。

実はこの忘れると言うのは、資産形成にとってのコツでもあります。

ということで、本日のテーマは【資産形成は忘れてください】です。

資産形成には積立投資が重要

昨年の年金2000万問題から、資産運用のために積立投資を始める人が増えてきました。

ですが、中には「先の見えない長期投資は怖い」と感じている人もいるでしょう。

確かに相場を100%読むことはどんな投資家でもできません。

しかし積立で行うことで、時間的な分散になりリスクを下げることができます。

また経済は短期での浮き沈みはありますが、長期的には基本的に右肩上がりになります。

さらに長期投資の利点として複利効果があります。

長期で複利の力を使うことで、少額でも大きく増やすことができます。

実は将来が見えなくてリスクを嫌う人ほど、積立投資は向いているのです。

人の意思の力は強くない

では積立投資をする上で大切なことはなんでしょう。

それは自動化です。

貯蓄をする時も、先に貯める分を自動振替すると上手くいくように、投資でも自動化することが効果的です。

「別に自動化しなくても、毎月していけば良いんでしょ。」

という人もいますが、毎回手動で入金や買付けなどを行うことは、よほど強い精神力がないと継続できません。

大抵は「行く時間が取れなかった」「今月は臨時出費があったから」「相場が悪いから様子を見よう」など、何か理由が出来てしまい中断してしまう事になります。

そういった事を防ぐために、最初に設定だけして後は自動で勝手に運用されていく形が良いのです。

忘れるくらいでちょうど良い

自動での設定が終わったら、その後は相場や価値がどうなっているのかは、あまり気にしないことです。

出来れば、その事を忘れてしまうくらいがちょうど良いでしょう。

たまに思い出して確認する程度で大丈夫です。

基本的にインデックス連動している投資であれば、長期的に見れば右肩上がりになりますし、短期的な相場の状況に左右されても意味がありません。

それならば、その時間好きな事を考える時間に使った方が、精神的にも生産性的にも有意義です。

「相場は読めない」と「経済は長期では右肩上がり」は多くの優秀な投資家たちが経験から得た知恵です。

優秀な投資家たちの知恵を信じて、忘れるくらいのつもりで落ち着いて資産形成していきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加




↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村

資産形成は忘れてください

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人の資産形成の相談に乗っていた時の事です。

「僕は飽き性だから、そんな何十年も続けられるか心配」と言われたので、「じゃあ、いっそ忘れよう」と話をしました。

実はこの忘れると言うのは、資産形成にとってのコツでもあります。

ということで、本日のテーマは【資産形成は忘れてください】です。

資産形成には積立投資が重要

昨年の年金2000万問題から、資産運用のために積立投資を始める人が増えてきました。

ですが、中には「先の見えない長期投資は怖い」と感じている人もいるでしょう。

確かに相場を100%読むことはどんな投資家でもできません。

しかし積立で行うことで、時間的な分散になりリスクを下げることができます。

また経済は短期での浮き沈みはありますが、長期的には基本的に右肩上がりになります。

さらに長期投資の利点として複利効果があります。

長期で複利の力を使うことで、少額でも大きく増やすことができます。

実は将来が見えなくてリスクを嫌う人ほど、積立投資は向いているのです。

人の意思の力は強くない

では積立投資をする上で大切なことはなんでしょう。

それは自動化です。

貯蓄をする時も、先に貯める分を自動振替すると上手くいくように、投資でも自動化することが効果的です。

「別に自動化しなくても、毎月していけば良いんでしょ。」

という人もいますが、毎回手動で入金や買付けなどを行うことは、よほど強い精神力がないと継続できません。

大抵は「行く時間が取れなかった」「今月は臨時出費があったから」「相場が悪いから様子を見よう」など、何か理由が出来てしまい中断してしまう事になります。

そういった事を防ぐために、最初に設定だけして後は自動で勝手に運用されていく形が良いのです。

忘れるくらいでちょうど良い

自動での設定が終わったら、その後は相場や価値がどうなっているのかは、あまり気にしないことです。

出来れば、その事を忘れてしまうくらいがちょうど良いでしょう。

たまに思い出して確認する程度で大丈夫です。

基本的にインデックス連動している投資であれば、長期的に見れば右肩上がりになりますし、短期的な相場の状況に左右されても意味がありません。

それならば、その時間好きな事を考える時間に使った方が、精神的にも生産性的にも有意義です。

「相場は読めない」と「経済は長期では右肩上がり」は多くの優秀な投資家たちが経験から得た知恵です。

優秀な投資家たちの知恵を信じて、忘れるくらいのつもりで落ち着いて資産形成していきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加




↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村

新しい年の始まりにお金の計画も立てよう


みなさま、こんにちは。DSKです。

2020年が始まり10日間が経ちました。

「新しい年になった事だし、今年はどんな年にしようか」と目標を立てた人も多いでしょう。

年始は目標設定するには良いタイミングです。

同じ様に、お金の計画も立てやすいタイミングになっています。

このタイミングでお金の計画も立ててみましょう。

ということで、本日のテーマは【新しい年の始まりにお金の計画も立てよう】です。

年始はお金の計画を立てやすい

新年が始まり今年の目標や、仕事の計画を新しく立て直した人も多いと思います。

年始は目標を立てるのに良いタイミングですが、これはお金の計画を立てる上でも良いタイミングとなります。

年末調整などで年間の収入がいくらだったのか。

そのうち、使える手取り額はどれくらいなのか。

お金を多く使う12月が最後にある事で、年間を通してどれくらいの支出があるかが把握しやすくなります。

年始は気持ちの面でも、お金の面でも良い具合にリセットされるタイミングなのです。

お金計画を立てるには

ではどうやってお金の計画を立てていくのか。

まずは昨年の収入や支出、保有資産と負債の量を確認します。

収入-支出はプラスだったのか。

ここでマイナスだった場合は、キャッシュフローがプラスになるために、家計の見直しを行う必要があります。

貯蓄にしろ投資にしろ、まずは年間の収支を黒字にする事が最重要になります。

黒字であっても、固定費や日々の買い物は適切だったのか。

今よりもっと余裕を持たせる事が出来ないかを考えます。

その後、その黒字で負債を減らすのか資産を増やしていくのかを考えます。

負債があっても、返済利率と投資運用益とを比較して、増える量が多ければ投資を行なった方がよくなります。

返済や投資の方向性が決まったら、それをどれくらいのペースで行なっていくのか計画していきます。

計画を実行するために

しっかりとした計画を立てることは大切ですが、それと同時にそれを実行する事も大切になります。

しかし、みなさんも経験があると思いますが、不思議と予定より増えないものです。

この原因の1つは「意思の力」で頑張ろうとする事です。

基本的に人間は、よほど意思が強い人でなければ計画通りにはいきません。

そのため、目標を達成できずに終わる人が多いのです。

その解決法としては「先取り」による貯蓄や投資、返済を設定しましょう。

資産形成において、計画を実行できる様に自動振り込みや引き落としに設定してしまう事が、計画を達成するためには一番確実で簡単な方法です。

その時は「何かあった時に大丈夫かな」と不安になりますが、一度そうした設定をすると何とかしてしまうものです。

年始はお金の計画も立てやすいタイミングです。

ぜひ、このタイミングで1年のお金の計画を作って資産形成を行なっていきましょう。

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加




↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村

2020年もよろしくお願いいたします。


みなさま、明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりまして、まことにありがとうございました。

みなさんにとって2019年はどんな年でしたか。

2019年は「年金2000万問題」があったり「消費増税」がありました。

また経営者が利用していた全損保険も、法改正があり節税保険の終焉となりました。

これらのお金に対しての不安材料からか、NISAやiDeCoなどに注目が集まり投資元年とも言われた年でした。

国に頼れない、自身でお金の管理をしていく必要があると多くの人が感じた年だったのでないでしょうか。

今年はオリンピックによる一時的な景気上昇も見込まれていますが、世間の反応は冷静です。

2020年も引き続き資産運用の考え方が広がっていくでしょう。

では、どうすれば資産を形成していけるのか。

結局のところ、堅実に家計管理を行いコツコツと資産運用をしていくしかありません。

保険や通信費などの固定費の見直し、人生設計に合わせた支出の管理、収入を増やすための仕事、将来を見越した投資などが大切になります。

そのためには努力も大切ですが、質の高い情報を、鮮度が良い時に取り入れる事も大切です。

私たちDSKは、お金のプロとして資産形成に必要な知識や役立つ情報を発信し、昨年以上により良いパートナーとして、さらなるサービス向上に向け気持ちを新たに取り組んでまいります。

至らぬ点も多いとは思いますが、みなさまの資産形成の役に立てていただければ幸いです。

お気づきの点やご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

本年もよろしくお付き合いいただけますよう、お願い申し上げます。

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加




↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.